ロゴマークのデータ化専門店ロゴトレでは名刺やチラシ、看板等で使用されている既存ロゴマークのスキャンデータ・写真データからトレースを行ない、ai、eps、png、psd、jpg、gif等のデジタルデータを作成しています。

Q.名刺を作成したいのですが、昔制作した封筒にロゴマークが印刷してあるのでトレースしてAI(ベクター)データ化してもらえますか?

A.封筒に印刷されたロゴマークをトレースして、AI(ベクター)データ化することも可能です。下記より詳しくご説明いたします。

封筒に印刷されたロゴマークからのAI(ベクター)データ化も可能

封筒に印刷されたロゴマークからトレースを行って、AIデータ化(=ベクターデータ化)することは可能でございます。ロゴトレはロゴのトレース専門のサイトですので、封筒からのロゴのトレース、AIデータ化の実績も多数ございます。(封筒以外にチラシやリーフレット、会社案内などの印刷物や、看板やユニフォーム等のロゴ入り制作物を撮影した画像データからでも可能です。※お送りいただく素材によってはトレースできないことも稀にございます。)

AI、EPS、PSD、JPG、PNGの5つのファイル形式で納品

納品時には、様々な印刷物・制作物の作成に便利な「AIデータ(ベクターデータ)」はもちろん、AI(エーアイ)以外にもEPS(イーピーエス)、PSD(ピーエスディ)、JPG(ジェイペグ)、PNG(ピング)の5種類のファイル形式で納品させていただきます。名刺屋さんや看板業者さんにはロゴのaiデータをお送りいただければ対応していただけます。その他のデータは(eps、psd、png、jpg)ホームページに使用したり、ワードやエクセルなどにもご使用いただけるデータとなっておりますので、ロゴをデータ化してお持ちいただくと大変便利です。

AIデータは名刺屋さんや看板屋さんに受渡し可能

aiはパソコンにAdobe Illustrator(アドビ イラストレーター)というベクターグラフィックデザインのソフトがインストールされていないと開いて編集・加工することは出来ませんが、名刺屋さんや看板屋さんなどの業者さんは通常イラストレーターを持っていますので、当店から納品させていただくロゴデータの中の「aiデータ」を送っていただければ(お渡しいただければ)名刺や看板の作成をしていただけます。なお、PDFを見るときに使用されているAdobe Acrobat Readerがインストールされているパソコンなら編集や加工は出来ませんが内容をご確認いただけます。アドビリーダーはアドビのサイトから無料でインストールできます。

AI(エーアイ)について

また、AIのことを通称でイラレと呼ぶこともあるのですが、新しいバージョンのイラレで保存したAIデータを古いバージョンのイラレで開くことが出来ません。そのため、納品後に業者さんへ送った際にトラブルがないよう、バージョンダウンしてVer.CS(バージョン シーエス)にて納品させていただきますので、業者さんに送ったけれど開けないということはほぼ無いかと存じます。新しいバージョンのイラレなら古いバージョンのイラレで保存したAIデータは開けます。簡単に言うと新しく販売されているイラレなら古いバージョンで保存されたイラレは開けますがその逆はないかということです。

その他、封筒のロゴのトレースやAI(ベクター)データ化についてご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。

ロゴトレ運営:チアーズデザイン
【フリーダイヤル】0120-987-658
ロゴのトレースのお問合せフォームはこちら