ロゴマークのデータ化専門店ロゴトレでは名刺やチラシ、看板等で使用されている既存ロゴマークのスキャンデータ・写真データからトレースを行ない、ai、eps、png、psd、jpg、gif等のデジタルデータを作成しています。

Q.開業するので自分で手描きしたロゴマークのラフスケッチ(用紙)を書き起こしてもらうことはできますか?

A.お客様がご自分で手描きされたラフスケッチ(用紙)のロゴマークを書き起こすことも可能です。

まずは素材を当店で対応可能か確認させていただくところから始まりますので、お手数ですが、まずはそのラフスケッチを注文フォームに添付してお送りください。(例:ロゴをスキャナーで読み取ったスキャンデータ、或いはデジカメやスマホで撮影したjpgデータなど。どちらの場合も、解像度を少し高めに設定してください。)

手描きロゴマーク ラフスケッチからの書き起こし

手描きされる際の筆記用具(文房具)は、マジック、ボールペン、マーカー、サインペン、色鉛筆、万年筆など何でも結構です。※当店でロゴの色や形が確認できるものであればほとんどが対応可能です。その他に、筆文字や筆ペン、書道といった毛筆も可能です。

ロゴトレのロゴのデータ化は、基本的に素材をそのままトレースし、歪み(ゆがみ)やバランスを整える、ご希望の色を付けるといった形でご提案いたします。ご提案後、編集(微調整程度)は3回まで可能です。大幅な修正、編集はデータ化の範囲を超えるため承ることが出来かねます。そのため、「繋げる箇所はしっかり繋げる」「間を空ける箇所は明確に空ける」といったように、判別できるよう予めラフをお書きください。

ラフスケッチの書き方

ただし、ラフスケッチを書くのが苦手な方もいらっしゃると思いますので、その場合は、書けるところまでラフを書いていただき、後は文言で説明を書き加えてご指示ください。該当箇所を矢印で示していただき、「ここは少し間隔を空けてほしい。」「ここは赤色で塗りつぶしてください。」「ここは水色の色鉛筆がなく、青色の色鉛筆で塗りましたが水色でお願いします。」などのように文言で補足説明をお願い致します。ただし、文言ばかりの場合はデータ化とはなりませんのでお受けできかねる場合がございます。文言で書き添える場合は1~2箇所程度でお願い致します。
また、ボールペンで書いたけれど、本当は太めの線にしたいので少し線を太くしてほしいなど、ご希望がございましたら対応させていただきます。その際は、必ずご注文時(トレース作業前)にお知らせください。

マークとバランスの良い文字をご提案

また、当店は「マークと文字(会社名・ショップ名・ブランド名などの文字)の1セット」でデータ化を承っております。そのため、会社名などの文字も希望される場合は、お客様の手書きされたロゴマークに合った雰囲気の文字を合わせてご提案させていただいております。マークとのバランスを見て格好良い文字を合わせてご提案させていただきますのでお気軽にお申し付けください。

【手描きロゴマークの書き起こし(トレース)に関するお問合せ先】
ロゴトレ運営:チアーズデザイン
【フリーダイヤル】0120-987-658
お問合せフォームはこちら
電話対応時間:平日10~18時
※稀にメンテナンスや研修等で留守番電話対応となる場合がございます。その場合は着信を確認次第お電話させていただきます。