ロゴマークのデータ化専門店ロゴトレでは名刺やチラシ、看板等で使用されている既存ロゴマークのスキャンデータ・写真データからトレースを行ない、ai、eps、png、psd、jpg、gif等のデジタルデータを作成しています。

Q.ネット上で無料でロゴ生成できるロゴジェネレーターで作成したロゴマークとロゴタイプのトレース、データ化はしてもらえますか?

A.ロゴジェネレーター等、インターネット上で無料でロゴ生成(ロゴ作成)を出来るサイトやサービスを使用して作成されたロゴマークとロゴタイプのトレース、データ化についてご案内します。

ロゴジェネレーターで作成したロゴマークとロゴタイプのトレース・データ化

ロゴジェネレーター等、インターネット上で無料でロゴ生成(ロゴ作成)を出来るサイトやサービスを利用してご自身で作成されたロゴの場合でも、もともと作られている素材(ロゴマーク・シンボルマーク、文字・フォントなど)を使用した場合、それを作成した会社やデザイナーがいらっしゃり著作権侵害の恐れがあるため、そのデザインをそのままトレースしてAI(イラストレーター)データにするということは出来かねます。

トレース、データ化が可能な例

当店でデータ化が可能な例としましては、主に下記の通りとなっております。
「既にロゴはあるがAI等のデータを持っていない」
「ご自身で作成されたオリジナルの手書きロゴ(ロゴを手描きで書かれたラフスケッチ、下絵、イラスト、ラフ画、原稿など。)
「書道家が毛筆で書かれた筆文字ロゴ、書道ロゴ」など
となっております。

手書きロゴの場合

手書きのロゴの場合、お送りいただいた素材(ラフスケッチなど)をそのままトレースしますので、デザイン、形などを完成した形でお送りください。当店でのブラッシュアップ、新たなデザインの追加は行っておりませんのでご了承ください。ただし、手書きゆえに起こる以下のような場合の調整はもともとの基本内容の範囲内で行っております。調整の例:線の歪みを整える、バランス調整といった基本的な箇所は調整いたします。

手書きの場合、サインペン、マジック、万年筆、筆ペンなど、大抵の筆記具・文房具で書かれたものが可能です。※ただし、デッサンのように線が曖昧なロゴ、細かすぎる箇所のあるロゴ、繊細なグラデーションが必要なロゴなどはお受けできかねます。なお、用紙はコピー用紙でも画用紙でもスケッチブックでもなんでも構いません。書道の場合はもちろん書道用紙に書かれたもので大丈夫です。写真あるいはスキャンしたデータをご注文フォームに添付してお送りください。

【ロゴジェネレーターで作成したロゴのトレース、データ化に関するお問合せ先】
ロゴトレ運営:チアーズデザイン
フリーダイヤル:0120-987-658
お問合せフォームはこちら
電話対応時間:平日10時~18時
※稀にメンテナンスや研修等で留守番電話対応となる場合がございます。その場合は着信を確認次第お電話させていただきます。