ロゴマークのデータ化専門店ロゴトレでは名刺やチラシ、看板等で使用されている既存ロゴマークのスキャンデータ・写真データからトレースを行ない、ai、eps、png、psd、jpg、gif等のデジタルデータを作成しています。

Q.和食居酒屋の経営者です。画素数が荒い既存の店舗ロゴを看板業者へ入稿できるVectorData(ベクターデータ)にしてもらえますか?文字は全体的に少し大きく太くしてほしいです。

A.和食居酒屋を経営されているということで、お問い合わせいただき有難うございます。当店は和食居酒屋・和風居酒屋などの飲食店の経営者様、スタッフ様からもお問合せ・ご注文をいただいております。

画素数が荒い既存の店舗ロゴをベクターデータに変換

さて、お問い合わせいただきした「データ画素数が荒い既存の店舗ロゴを、看板業者様への入稿用にVectorData(ベクターデータ)作成すること」は可能でございます。また、お送りいただいた素材(写真画像)の文字を全体的に少し大きく太くして、Vector Data(べクター データ)で納品させていただく事も可能でございます。※素材により出来かねる場合もございますが、ほぼ可能かと存じます。お問い合わせいただく場合、お問い合わせフォームより一度素材をお送りください。

まずは店舗ロゴのデータをお送りください!

なお、当店では、グラフィックデザインのロゴマーク、書道ロゴ(筆文字や毛筆で書かれたロゴ)、手描きのロゴデザインなど、ロゴの種類を問わず、著作権を侵害していなければ殆どのロゴのデータ化が可能でございますが、グラフィック、書道、その他手描き(手書き)等の種類に関係なく、細かすぎる・繊細すぎる・複雑すぎる等、その内容によりましてはご対応できかねる場合もございます。また、解像度が低い写真画像の場合はトレースが難しい場合がございます。ただし、拝見してみませんと、はっきりとしたお答えが出来かねますので、まずは解像度を高めにご設定(300dpi~400dpi程度)のうえ、デジタルカメラやスマートフォンで写真を撮影、またはスキャナーをお持ちの場合はスキャンしていただき、ロゴトレのお問い合わせフォームよりjpg画像(スキャナーの場合はjpgまたはpdf)をお送りくだい。なお、CG画像や物体を撮影した写真からのデータ化は出来かねます。

aiとepsはVectorData(ベクターデータ)

ちなみにVectorData(ベクターデータ)はaiやepsといったファイル形式のデータです。 反対のものはラスタ形式やビットマップ画像と呼ばれています。ベクター形式のデータは、拡大縮小しても荒れない(劣化しない)ため、名刺やショップカードの小さなものから、ポスターや看板などの大きなものにまで幅広く使用することが可能です。 当店では、ベクター形式として一般的な「ai」、「eps」を納品させていただいております。※aiとepsのバージョンにつきましてはCSにて納品させていただいております。また、高解像度(350dpi)のpsd、jpg、pngも納品内容となっております。こちらはビットマップ形式となっており、四角の点の羅列で表現されているもので、拡大するとギザギザとしてしまうため、ロゴのように媒体に応じてサイズを使い分けるロゴのような場合はai、epsのようなベクター形式を使います。

その他、荒い(荒れた)既存ロゴからのVectorData作成についてご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。

ロゴトレ運営:チアーズデザイン
【フリーダイヤル】0120-987-658
お問合せフォームはこちらをクリック