ロゴマークのデータ化専門店ロゴトレでは名刺やチラシ、看板等で使用されている既存ロゴマークのスキャンデータ・写真データからトレースを行ない、ai、eps、png、psd、jpg、gif等のデジタルデータを作成しています。

Q.ロゴを引き伸ばして旗(フラッグ)を制作予定です。ボヤけたJPGしかなく、拡大してもボヤけないAIデータが欲しいのですが、依頼すれば旗(フラッグ)屋さんに入稿できるエーアイデータは製作できますか?

A.お持ちのJGPデータのボヤけ具合にもよりますが、ロゴトレのご注文フォーム(又はお問合せフォーム)からそのJPGデータをお送りいただき、トレース担当者が作業可能と判断したものでしたら、ボヤけたJPGからのAIデータ(イラストレーターデータ)作成も可能です。

【ロゴのAI(エーアイ)データ製作に必要なもの】

ロゴのデータ化の作業には、「高解像度(高品質モード)設定で撮影されたJPGデータ」、あるいは「高解像度設定(300dpi以上)でスキャンされたJPGまたはPDFデータ」が必要となります。旗(フラッグ)の場合は、デジカメやスマホで撮影された写真(JPG)をお送りください。

また、写真はロゴの真正面から歪み(ゆがみ)のないよう撮影してください。斜めから撮影された写真の場合、正しいトレースが行えません。また、折りジワがある場合、可能ならば生地にシワができないようにしていただけると再現性が高まります。※もとの形が正しく分かるよう撮影してください。ご不安な場合は、何枚か撮影してそれを全てお送りいただければ、こちらで一番良いものを選んで作業を行わせていただきます。

【旗屋(フラッグ屋)へのロゴデータ受渡し】

旗屋さん(フラッグ屋さん)へのご依頼時はAIやEPSなど、Illustratorのファイル形式でロゴデータをお渡しいただければ制作していただけるかと存じます。また、一度当店でデータを作って持っておけば、納品データが豊富なため(AI、EPS、PSD、JPG、PNGの計5種類が納品内容のため)、旗(フラッグ)以外のもの、例えば名刺、封筒、チラシ、リーフレット、パンフレット、会社案内、看板などを制作する際、印刷所や看板業者へロゴのAIデータをお送りいただければ、ロゴ入りの印刷物や看板が作れます。また、ホームページやブログなどのWEB(ウェブ)でもロゴを使えます。

【AIデータの製作が出来ない例】

また、次のような場合はご依頼をお受けできない場合がございます。お送りいただくロゴのデータが不鮮明すぎる場合。グラデーションを使用したロゴをそのまま再現してほしいという場合。デッサン調の線が曖昧なロゴの場合(どの線をトレースすればよいか不明な場合)。ロゴ以外のもの(物体)が撮影またはスキャンされたデータの場合。商品パッケージや会社案内などをデータ化してほしいという場合。※ただし、商品パッケージに使われているロゴ、会社案内に使われているロゴはご対応可能です。(ご注文いただくお客様の会社のものに限ります。)

上記のように、当店でお受けできるものはロゴであることが前提となっております。なお、お客様からお送りいたデータ化素材をもとに丁寧にトレース作業を行っておりますが、写真画像のデータを下に引き、拡大して、上からなぞってトレースするため元々のロゴの100%の再現ではないことは予めご了承ください。(写真画像のデータは拡大すると、カクカク・ギザギザとしボヤケるため。)ロゴの場合も、内容によってはご対応不可能な場合もございますが、一般的なロゴ、書道や筆文字のロゴ、手書きのシンプルなロゴ等でしたらほとんどご対応が可能です。ただし、著作権を侵害するような内容の場合はご対応できかねますのでご了承ください。