ロゴマークのデータ化専門店ロゴトレでは名刺やチラシ、看板等で使用されている既存ロゴマークのスキャンデータ・写真データからトレースを行ない、ai、eps、png、psd、jpg、gif等のデジタルデータを作成しています。

Q.仕事で使っている作業用の前掛け(紺色の長いもの)からロゴマーク(屋号、店名の文字部分)のデータ化はできますか?

A.前掛け(まえかけ)からのロゴマークのデータ化も可能です。詳細を下記に記載しておりますのでご参照ください。

前掛けやエプロンのロゴもデータ化可能

前掛け(まえかけ)、帆前掛け(ほまえかけ)、エプロン等のロゴ部分のデータ化も可能でございます。※内容によってはご対応が難しい場合もございますので事前に写真データ(JPG)をお送りください。前掛け(まえかけ)はお米屋さん、酒屋さん、居酒屋さん、八百屋さん、魚屋さん、ラーメン屋さん、醤油屋さん、味噌屋さん等の食品関係・飲食関係のお店で使われていますが、そういった布や生地に印刷されたロゴからのトレース・データ化のお問合せも頂戴しております。

こんな前掛けやエプロンのロゴならOK

当店でデジタルデータ化が可能なものは、「お客様のお店や会社のオリジナルロゴが入ったもので、お客様のお店や会社が著作権を持たれている、又は著作者・著作会社の了承を得たもの」に限ります。どういったデザインにも、それをデザインされたデザイナーさんや制作会社様等が存在しますので、予めご了承ください。

前掛けやエプロンの写真撮影時のご注意

布や生地、シートなどのように、たわみや歪み(ゆがみ)の出やすいものにつきましては、写真を撮られる際に気を付けていただきたいことがございます。当店ではお送りいただいた写真データをAdobe Illustratorという専用ソフトに読込み、それをトレースして作業を行っております。そのため、元々のお写真の時点で前掛けにたわみ、歪み(ゆがみ)がございますと、正確なロゴの形状が掴めず、実際のロゴとは少し雰囲気が異なってしまう場合がございます。

写真撮影の際は、前掛けを床や机、テーブル等平らなところに置き、シワやたわみが出来ないよう引っ張って伸ばし、ロゴの真正面から歪みの出ないよう撮影してください。斜めの角度から撮影された写真ですとロゴの正確な形状が分かりにくいため宜しくお願い致します。また、折ジワも同様にロゴの図案の形状が分かりにくくなる原因でございます。実際のロゴの形状が分かればトレースは可能ですのでご協力をお願い致します。

前掛けやエプロンのロゴを書き起こしてaiへ変換

なお、この写真で良いかな?とご不安なお客様は、お手数ですが写真を複数枚とってお送りいただければこちらで綺麗にトレース出来そうな写真を選んでデータ化させていただきますのでご安心ください。一度ロゴをデータ化すると、チラシやポスター、商品などを制作される際に、印刷屋さんや制作会社さんへロゴのAIデータ(エーアイデータ)を渡すことが出来ます。ロゴのデータを業者へ渡す際は、「AI(イラストレーター)形式」で渡すのが標準となっておりますので、ご依頼される際に大変便利です。また、JPGやPNGも納品させていただきますので、ワードで作る書類にロゴを入れたり、お店のブログでロゴを使用することも可能です。

ロゴデータの納品ファイル形式と納品方法

納品時のファイル形式は:AI、EPS、PSD、JPG、PNGの合計5種類となっております。メール納品(ダウンロードURLのお知らせ)および、CD-R(1枚)の郵送にて納品させていただきます。