ロゴマークのデータ化専門店ロゴトレでは名刺やチラシ、看板等で使用されている既存ロゴマークのスキャンデータ・写真データからトレースを行ない、ai、eps、png、psd、jpg、gif等のデジタルデータを作成しています。

Q.ショップ開店のため自分でロゴマークを考えました。自作ロゴかつ手描きゆえバランスが悪いので直していただきAIデータを作成してもらうことはできますか?

A.自作の手描きロゴマークのAIデータ作成も可能です。手描きロゴの制作実績も多数ございます。下記に詳細を記載しておりますのでご参照ください。

【自作ロゴ・手描きロゴをAIデータに】

お客様ご自身が考えられた「自作のロゴマーク」をトレースしてAIデータを作成することは可能です。(内容により稀に作成が不可能な場合もございます。)手描きの場合はきれいに描いたつもりでも、若干の歪みがあったり、バランスが悪かったり、線の太さが不均一だったり、角度が揃っていなかったり…ということが多々ございます。

当店では手描きロゴをお客様にご確認いただく際、基本的に「歪みを整える・バランスを取る・線幅を揃える・角度を揃える」といった微調整をしてからご提案を行っております。オリジナル性の高いロゴ、独自性の高いロゴ、個性的なロゴの場合は、ご提案後の微調整が難しいため、どのように作成するかご相談のうえ作成しております。

【自作のロゴを手描きする用紙・筆記用具(文房具)】

ロゴを書いていただく用紙は、コピー用紙でも画用紙でも何でも構いません。手描きする筆記用具や文房具も鉛筆、シャープペンシル(シャーペン)、マジック、マーカー、万年筆、サインペン、色鉛筆など種類は問いません。当店でどんな形状のものか確認出来ればほとんどご対応可能です。
また、ご自身で描いた線は細いけれど、本当は少し太くしてほしい等、何かご希望がございましたらご注文時にお申し付けください。なお、線が曖昧な場合はトレースが出来かねる場合がございますので、線を繋げる箇所は繋げる、離すなら離す、色をつける部分はつける、等という風に出来るだけどうされたいのかハッキリ分かるようにお書きいただければ幸いです。後から「ここをこうしたい」とお申し出いただいた場合、内容によりましては再見積もりをさせていただく場合がございます。

【AIデータに出来ないもの】

ただし、以下のようなロゴの場合はお受けできかねる場合がございます。
「デッサン調のロゴ(線が曖昧なもの)」
「繊細なグラデーションが必要なロゴ」
「沢山の色を多用したイラストロゴ」など

ご自身のラフからトレースできるかご不安な場合は、ロゴトレのお問合せフォームに素材を添付のうえお送りください。また、未完成のラフスケッチからのトレースは出来かねます。※当店でアレンジを加える、ブラッシュアップするといったことは行っておりませんのでご了承ください。なお、お問合せフォームは単純なお問合せ用のフォームのため、正式にご発注いただける場合はご注文フォームより正式発注いただいておりますのでご了承ください。