ロゴマークのデータ化専門店ロゴトレでは名刺やチラシ、看板等で使用されている既存ロゴマークのスキャンデータ・写真データからトレースを行ない、ai、eps、png、psd、jpg、gif等のデジタルデータを作成しています。

Q.ファッション関連(衣料品・アパレル製品販売)の店の者です。商品のタグにショップのロゴマークを入れたく、印刷所と刺繍屋へJPGを渡したところ印刷用のAIデータで入稿するよう言われました。JPGからAIファイル化はしてもらえますか?

A.商品タグにショップロゴマークを入れる際など、業者へJPGを渡したらAIデータを求められたということはよくお聞きします。下記よりご説明いたしますのでご参照ください。

JPGからのAIファイル化

JPGからのAIファイル化は可能でございます。ただし、細い線が使われていたり、複雑なデザインのものはお受け出来かねる場合がございます。どちらにしましても、そのJPGデータをお送りいただき、実際に拝見してみませんと当店で対応させていただけるかどうかの可否はお答えできかねますので、まずはロゴトレのお問合せフォームにJPGデータを添付してお送りください。なお、当店でご対応可能だった場合、ご注文フォームより正式にご発注いただいております。

トレース終了後、ご確認用データで仕上がりをご覧いただきましたら、代金をお振込みください。ご入金確認後、印刷所や刺繍屋さんといった業者さんに入稿できる「AI(イラストレーター)ファイル」を納品させていただきます。通常、業者さんへロゴデータを渡す際はai形式のファイルを送るのが一般的です。もちろんお問合せいただいた商品のタグにショップのロゴマークを入れることも可能です。

ai(エーアイ)を編集できるのはAdobe Illustrator

ai(エーアイ)はAdobeのソフト「Illustrator」で編集・加工(拡大縮小したり、色やサイズ変更など)ができるのですが、そういった業者さんは基本的に「イラストレーター」をお持ちですので、AIファイルを渡せば業者へ依頼される印刷物や制作物にロゴを使ったものを制作していただけるかと存じます。ただし、当店からの納品データは、あくまでロゴマーク部分のみのデータとなりますので、それ以外の箇所は必要に応じて業者さんに版下作成を依頼していただく必要がございます。

AIはVer.CSにて納品

なお、当店ではAIのバージョンを「Ver.CS」で納品しております。(※業者様によっては古いバージョンのイラストレーターをお使いのところがあるため、どちらの業者様でも開いていただけるようバージョンダウンして納品させていただいております。新しいバージョンのIllustratorなら古いバージョンで保存されたaiファイルを開けるのですが、古いバージョンのIllustratorでは新しいバージョンで保存されたIllustratorが開けません。)

納品時のファイル形式の詳細

【AI】ver.CS、カラーモード:CMYK。
【EPS】ver.CS、カラーモード:CMYK。
【PSD】カラーモード:RGB、解像度:350dpi。
【PNG】カラーモード:RGB、解像度:350dpi。背景は透明(背景透過画像)です。
【JPG】カラーモード:CMYK、、解像度:350dpi。背景に白色がつきます。
※AI、EPS、PSDのファイルを開いて編集・加工するには、Adobeのソフト「Illustrator」や「Photoshop」が必要です。