ロゴマークのデータ化専門店ロゴトレでは名刺やチラシ、看板等で使用されている既存ロゴマークのスキャンデータ・写真データからトレースを行ない、ai、eps、png、psd、jpg、gif等のデジタルデータを作成しています。

Q.自作の手書きロゴをデジタル化したいのですが、依頼の際は下絵(原稿)をスキャナで読み取ってPDF等で送ればデータ化してもらえますか?

A.スキャンしてPDFまたはJPGで保存しお送りいただければデータ化できます。下記に自作の手書きロゴの下絵(原稿)をお送りいただく際の手順をご案内しておりますのでご参照ください。

手書きロゴのイラスト(下絵、ラフ等の原稿)を用意する

自作の手書きロゴのデジタル化を依頼される場合は、まずイラスト(下絵、ラフスケッチなどの原稿)を完成させてください。紙は、コピー用紙でも画用紙でも方眼紙でも、図案のの形状や色が確認できれば何でも構いません。筆記具もボールペン、万年筆、マジック、サインペン、色鉛筆、マーカーなど一般的なものなら何でもお受けしております。ただし、線を書かれる際は、繋げる箇所はしっかり繋げる・離す箇所はしっかり離すなど、一目見て出来るだけ図案の形状が分かるようにお書きください。下絵ですので、完璧な絵という意味ではございません。どの部分をどのように表現したいのかが分かるように書いていただけると幸いです。

ロゴの色(カラー)について

また、ロゴに色(カラー)を付ける場合は、色を塗ってからお送りください。その際、指やティッシュ等でぼかしたような淡い雰囲気のものはその通りには表現できかねます。(Illustratorの特性上、単色・ベタ塗での表現となるため、似たような雰囲気での作成となります。)また、繊細過ぎるロゴや線が曖昧なロゴ(例:デッサンのようなもの)、かなり沢山のカラーを使用したデザイン、繊細なグラデーションを要するものなどはご対応できかねる場合がございます。ただ、そのイラスト、下絵を確認しませんと実際にデータ化が可能かどうかのお答えは出来かねます。ご自身でこれは無理かなと判断されずに一度お送りください。トレース担当者が下絵(原稿)を確認させていただきます。

手描きロゴの下絵(原稿)のスキャンをとる

また、手書きロゴをお送りいただく際の画像データの作り方の1つとしまして、お問合せいただいたスキャンもございます。「スキャナ」や「スキャン機能がついた複合機」が会社やお店・ご自宅にある場合はそちらでスキャンしてください。その際、スキャンの解像度(画質)を「少し高め(300dpi~400dpi)」にご設定ください。スキャンした画像データのファイルは「PDF」又は「JPEG」形式で保存してください。

また、コンビニエンスストアでもスキャンは可能です。※マルチコピー機を置いている大手の一般的なコンビニならコピーだけでなく基本的にスキャンもできます。コンビニでスキャンをお取りになる際は、「手書きロゴの下絵」+「USBメモリー」をご持参ください。その際も、画質(解像度)の設定が出来る方は「少し高め(300dpi~400dpi)」をお選びください。

なお、セブンイレブンの場合は、原稿をスキャンしたあとUSBメモリ以外に「スマートフォンに保存する」選択もできます。※その場合、セブン-イレブンマルチコピーというスマホアプリ(無料)のダウンロードが必要となります。 また、コンビニによってはセブンイレブン以外でもスマホに保存できる場合もあります。セブンイレブン以外のコンビニの場合はアプリが異なりますのでご確認ください。

・iPhone/iPad(アイフォン/アイパッド)の場合:App Store(アップストア)
・Android(アンドロイド)の場合:Google Play(グーグルプレイ)ストアからダウンロードしましょう。
スマホに保存できるかどうかはコンビニによってまちまちなため、お客様にてご確認ください。

写真データからもデータ化可能

また、単純・シンプルなロゴの場合、スキャンではなくデジカメやスマホで撮影したJPGデータでもご対応可能です。解像度の設定が分かる方は、高画質・高品質モード等にご設定ください。設定方法がご不明な場合は普通に写真をお撮りいただき、そのJPGデータをロゴトレの注文フォームに添付してお送りください。

なお、PDFかJPEGをお送りいただいた方がデジタル化をお受けできるか早くご返答できるのですが、そういったものが苦手・不慣れな場合は、手書きロゴのラフを注文用紙と一緒に当店へご郵送ください。

画像データ(JPGあるいはPDF)や現物、いずれにつきましてもご対応可能かどうかの回答は、実際のロゴの絵を拝見しないと分かりかねますのでご了承ください。