ロゴマークのデータ化専門店ロゴトレでは名刺やチラシ、看板等で使用されている既存ロゴマークのスキャンデータ・写真データからトレースを行ない、ai、eps、png、psd、jpg、gif等のデジタルデータを作成しています。

Q.マジックで書いたチームロゴマーク+チーム名(英語)のトレース依頼を考えています。歪みを整えたうえで拡大できるベクターデータに変換してもらえますか?

A.マジックで書いたロゴの書き起こし、ベクターデータへの変換につきましてご案内いたします。

マジックで書いたチームロゴマークとチーム名(英語)のトレース

マジックで手書きされた「チームロゴマーク」・「チーム名(英語)」のトレース及びベクターデータへの変換は可能です。もちろんご希望により、ロゴの歪みを整える、バランスを整える等の調整も承っております。基本的にはお送りいただいたものをそのままトレースする形となりますので、色をお付けになる場合は出来る限り色付けを行っていただきお送りください。schoolお送りいただく際は、「スキャン(jpgまたはpdf)」か「写真(jpg)」を注文フォームに添付していただくか、「原本の郵送」のいずれかで承っております。

ロゴをトレースした後のベクターデータ(ai)への変換

トレース後はロゴをメールでご確認いただき、ベクターデータ(ai、eps)とビットマップデータ(psd、jpg、png)の合計5種類のファイル形式で納品させていただきます。納品データに含まれるベクターデータ(当店の納品データの場合、aiとepsとなります。)は、拡大・縮小しても劣化したり荒れたりしないため、印刷所や制作会社、看板業者などへロゴを渡す際に一般的なデータです。ベクターデータは、一般企業の場合を例に挙げると、業者へ「名刺・封筒・チラシ(フライヤー)・リーフレット・パンフレット・会社案内などの紙媒体(印刷物)、ウェブサイト制作、看板制作など」を依頼する際のロゴの受渡しにお使いいただけます。チームの場合は、「ユニフォームの製作など」にもお使いいただけます。ちなみに、aiはアドビのデザインソフト「Illustrator(イラストレーター)」がインストールされたパソコンで加工・編集できるデータとなっております。

ロゴを作る・書く際の注意点

繊細なデザインや複雑なデザインなど、お送りいただくロゴの内容によりましては当店でトレース出来かねる場合がございます。印刷物やユニフォームなどを作る際にも、業者様から繊細なデザインや複雑なデザインは再現できない・製作できないと言われる場合もございます。

そのため、予め作るものが決まっている場合は、ご依頼になる業者様へこういうデザインだと再現できないという内容をご確認いただき、それを避けたデザインを考えていただく方が二度手間になりません。制作物や制作業者によって再現できる太さや色などは異なる場合がございます。また、印刷方法であったり、素材であったり、そういったものによってもお客様のイメージしているものが制作できないということもございますので、予めご依頼になる業者へご確認ください。

なお、ロゴを書いていただく用紙は、画用紙でも厚紙でも方眼紙でもノートでもスケッチブックでも、コピー用紙でも一般的な用紙ならなんでも結構です。※ノートやスケッチブックの継ぎ目にまたがって書くことはお避け下さい。スキャンや写真を撮る際に歪みが生じる場合がございます。

また、原本をお送りいただく場合、ご郵送前にスマホや携帯で撮られた簡単な写メで結構ですので、フォームに添付してお送りいただけると幸いです。大抵のロゴはトレースできますが、稀にトレース出来かねる場合があるからです。当店までの郵送料はお客様にご負担いただいておりますので、トレース不可能な場合、料金やお手間や時間の面でお客様へご迷惑をお掛けしてしまいます。郵送の場合は、注文用紙にご記入のうえロゴを書いた紙と一緒にお送りください。(水濡れしないように対策をお撮りください。)プリンターをお持ちでない場合、原本のみご郵送いただき、ご注文はロゴトレのご注文フォームからしていただいても構いません。