ロゴマークのデータ化専門店ロゴトレでは名刺やチラシ、看板等で使用されている既存ロゴマークのスキャンデータ・写真データからトレースを行ない、ai、eps、png、psd、jpg、gif等のデジタルデータを作成しています。

Q.屋号(店舗名)のイラストレーター(AI)データを作成してほしいのですが元画像が粗くてもアウトライン化はできますか?

屋号(店舗名)のイラストレーター(AI)データ作成

屋号(店舗名)のイラストレーター(AI)データの作成は可能です。ただし「元画像が粗い」という点につきましては、実際に画像を拝見してみないとお答えできかねますので、まずはロゴトレのお問合せフォームに画像を添付してお送りください。

屋号(店舗名)のアウトライン化

お送りいただいた画像で問題ない場合はアウトライン化は可能です。※アウトライン化とは図形化することです。アウトラインデータを作成するには、トレース作業(パス取り)が必要となります。このトレース作業(パス取り)は、「Illustrator(イラストレーター)」というグラフィックデザインソフトを使い、お送りいただいた画像を下に引き、屋号(店舗名)を点と線でパス取りして(文字のラインをきれいに選択するようなイメージ) 行います。そのため、トレース素材となる画像が重要となってくるわけです。

当店では繊細すぎる・複雑すぎる・不鮮明すぎるもの等、一部を除きお送りいただくほとんどの屋号は、イラストレーター(AI)のアウトラインデータを作成できますが、屋号のデザインや元画像の状態によってはお受けできかねる場合もございますのでご了承ください。

画像しかお持ちでない場合は画像を一度お送りください。もし、探していただき、名刺や封筒、チラシなどに屋号(店舗名)をお使いでしたら、その印刷物のスキャンデータや写真データをお送りください。元の画像が粗い場合、少しでも屋号のデザイン形状がはっきりと分かる画像・写っている写真、印刷物などを探していただきお送りください。トレース担当者が画像の確認を行い、スタッフより当日または翌営業日にご連絡いたします。

なお、トレース作業の着手後に新たな写真や他の画像が見つかったということで、後から他の素材データをお送りいただく場合、一からトレース作業をやり直すため、ご提案日(校正をお送りする日)が遅れたり、若干の追加料金が発生する場合がございます。そのため、大変お手数ですが、元画像(トレース素材)はよくご確認のうえお送りください。また、画像がいくつかあって、どれを送ったら良いか分からないという場合があるかと思います。その際は複数枚お送りいただいて結構です。当店で適切なものを選び、お客様に確認した後、屋号(店舗名)をトレースさせていただきます。