ロゴマークのデータ化専門店ロゴトレでは名刺やチラシ、看板等で使用されている既存ロゴマークのスキャンデータ・写真データからトレースを行ない、ai、eps、png、psd、jpg、gif等のデジタルデータを作成しています。

Q.手書きロゴマークのデータ化用にラフを書きたいのですが、どんな用紙にどんな筆記具で、どのくらいの大きさ(サイズ)で書けばいいですか?

手書きのロゴマークからのデータ化を検討されているお客様より、ラフスケッチを書く際の注意点(用紙や筆記具など)についてお問合せいただくことがございますのでご案内します。

手書きロゴマークのラフスケッチを書く用紙

ロゴのラフスケッチ(原稿)を書いていただく用紙は、一般的な用紙でしたら何でも結構です。(コピー用紙、画用紙、メモ帳、スケッチブックなど。)方眼紙のようにマス目がある紙や、ノートのように線が入っている紙でも大丈夫です。方眼紙のマス目に合わせて書いていただいた場合は、それに合わせてトレースさせていただきます。書道、筆文字の場合はもちろん半紙で結構です。書いた線が鮮明であれば、その他の用紙でも構いません。なお、紙ではございませんが、布のようにたわんでしまうものの場合は、一度確認させていただいてからのご案内となります。

ラフスケッチに書くロゴマークの大きさ(サイズ)

ロゴのサイズは小さすぎなければほぼ大丈夫です。※書いたロゴがかなり小さい・小さすぎる場合は、ご対応の可否を確認させていただかないとデータ化できるか判断できかねるため、スキャンや写真を撮ってお送りください。

ロゴのラフスケッチを書く際の筆記具・文房具

書いていただくのはお手持ちのペンやマジックなどで結構です。例を挙げますと、サインペン、ボールペン、鉛筆、シャーペン、色鉛筆、万年筆、マジック、マーカー等のようなもので結構です。筆文字、書道の場合はもちろん半紙に筆で書いたもので結構です。

ロゴのデータ化の編集(微調整程度)は3回までとなっております。編集(微調整)の内容としましては、線の歪みをきれいにする、バランスを整える、色を付けるといった内容となります。なお、色についてですが、トレースに使用するデザインソフト「Illustrator(イラストレーター)」は、ロゴ制作時に使用されている一般的なソフトですが、イラストレーターは基本的にベタ塗りでの表現のため、淡い色、繊細なグラデーションの表現には向かないことから、淡い色、繊細なグラデーションの場合はご対応が難しいことが多いです。

初回提案後(校正)をご確認いただいた後、ここはもう少し大きく、ここはデザインを変えて、というように、もとのラフスケッチ(原稿)とデザインが変っていってしまう場合、データ化の範囲を超えるため、ご対応が難しい場合がございます。