ロゴマークのデータ化専門店ロゴトレでは名刺やチラシ、看板等で使用されている既存ロゴマークのスキャンデータ・写真データからトレースを行ない、ai、eps、png、psd、jpg、gif等のデジタルデータを作成しています。

Q.ロゴマークのトレース専門店ということですが、ロゴ以外のデータ起こしも対応していますか?

ロゴマーク以外のトレースやデータ起こしについてご質問いただくことがございますのでご案内します。

手書きロゴマークのラフスケッチを書く用紙

当店にてトレースのご対応が可能なものは「ロゴマーク」及び「会社名/店舗名/団体名/商品名」などのいわゆる「ロゴ部分のみ」となります。従いまして、下記のようなもののトレース、データ起こしは承れませんのでご了承ください。

トレース、データ起こしを承れないものの具体例

・会社案内、パンフレット、リーフレット、チラシ(フライヤー)、ポスター、CDジャケット、商品パッケージ、資料、冊子、カタログ、商品ラベルなどの版下作成(入稿データの作成)※上記に使われているロゴ部分のみでしたらトレース、データ起こしのご対応は可能です。

・Photoshop(フォトショップ)で作成されたものからのトレース
・CG画像からのデータ起こし
・置物や像、道具などの写真データからのトレース
・絵画やペイント等からのデータ起こし
・水彩画・水墨画などの淡い表現・描き方のロゴ
・複雑すぎるデザインのロゴ
・グラデーションを多用したロゴ
色について…トレースに使用するデザインソフト「Illustrator(イラストレーター)」は基本的にベタ塗りの表現のため、淡い色、繊細なグラデーションの表現には向かないことから、繊細なグラデーションを使ったものの場合はご対応が出来かねます。

また、ロゴでありましても、下記のような場合はトレースをお受けできかねる場合がございます。

お受けできかねるロゴの具体例

・お子様や学生の方が手書きで書かれたロゴで、マークや文字の判別がつかないものや、デザインが固まっていないもの(軽微であっても図案の変更が入る可能性があるもの)

初回の校正をご覧いただいた後に編集を承っておりますが編集は微調整の範囲となっております。微調整の回数は3回まで、ご対応可能範囲は線の歪みの整えと色の変更のみとなっておりますので予めご了承ください。

既存ロゴの場合は確認させていただいた後、当日~翌営業日にはご対応の可否をお答えできます。手書きロゴの場合はお電話での問い合わせや、ロゴが仕上がっていない(書けていない)場合ではご対応の可否をお答えしかねますのでご了承ください。

ロゴのデータ化の編集(微調整程度)は3回までとなっております。編集(微調整)の内容としましては、線の歪みをきれいにする、バランスを整える、色を付けるといった内容となります。

初回提案後(校正)をご確認いただいた後、ここはもう少し大きく、ここはデザインを変えて、というように、もとのラフスケッチ(原稿)とデザインが変っていってしまう場合、データ化の範囲を超えるため、ご対応が難しい場合がございます。