ロゴマークのデータ化専門店ロゴトレでは名刺やチラシ、看板等で使用されている既存ロゴマークのスキャンデータ・写真データからトレースを行ない、ai、eps、png、psd、jpg、gif等のデジタルデータを作成しています。

Q.手書きロゴのデータ化を依頼したいのですがFAX注文はできますか?(看板業者やホームページ制作会社に渡せるベクターデータが必要です。)

当店では既存ロゴマーク・既存ロゴタイプのデータ化以外に、お客様ご自身がオリジナルで考えて自作された「手書きロゴのデータ化依頼」も承っております。丁寧にトレースを行い、お問合せにございましたベクターデータで納品いたします。

手書きロゴのデータ化依頼(FAX注文)

FAX注文でお受けできるものにつきましては、図案・形状・デザインがシンプルなロゴ(複雑なデザインでないもの)について承っております。(ただし、実際に当店でご依頼をお受けできるかどうかは、原稿を拝見してみないと判断がつきませんので、お手数ですがまずは原稿をお送りください。)当店では基本的に「写真データ(jpg)」又は「スキャンデータ(jpg、pdf)」等からロゴをトレースしております。フォームより原稿をお送りになれないご事情がある場合は、一度当店にご相談ください。ご状況をお伺いしたうえでご注文方法をご案内させていただきます。※校正はメールに画像を添付してお送りしてご確認いただきます。FAXや郵送でご確認用データを印刷した用紙をお送りすることは出来かねますので、必ずメールのやり取りができる環境をご準備ください。

なお、手書きロゴですが、図案(デザイン)が完成した状態でしたらトレースが可能です。ご依頼後、4~5営業日ほどで校正(ご確認用データ)をメールでお送りします。編集は3回まで承っております。※編集でのご対応範囲は微調整程度(線の歪みの整え、色(カラー)の変更のみ)となっております。ご覧いただいた後で、「やはりこの部分のデザインはこうしたい」というデザイン変更を承る内容ではございませんのでご了承ください。その代わり、ロゴマーク作成実績・トレース経験の豊富なデザイナーが細かい箇所まで、じっくり丁寧にトレース作業を行いますので、一時的に使うロゴではなく、長期的に使用される会社ロゴや店舗ロゴ、ブランドロゴなどのデータ化にお薦めです。

ロゴは看板業者・ホームページ制作会社に渡せるベクターデータで納品

また、当店の納品データは、看板業者やホームページ制作会社などに渡せるベクターデータ(ベクトルデータ)を含んでおります。当店の納品ファイル形式はai、eps、psd、jpg、pngの合計5種類です。※5種類のうち、ベクターデータはai、epsとなります。ベクターデータは拡大・縮小・変形しても劣化しませんので、看板のように大きな媒体に使用する場合でも、名刺のような小さい印刷物に使用する場合でもきれいなままの状態を保ちます。AIはAdobeのイラストレーターで編集・加工できます。

業者さんへロゴデータを渡す際は、Illustrator形式のファイルで渡すのが一般的です。そういった業者さんへ制作を依頼される場合は、「イラストレーター形式のデータ」・「イラレデータ」・「ai(エーアイ)データ」で送ってくださいと言われるかと思いますので、一度きちんとデジタルデータを作成しておき、制作物の依頼時にすぐ業者さんへ渡せるようにしておかれることをお薦めします。