ロゴマークのデータ化専門店ロゴトレでは名刺やチラシ、看板等で使用されている既存ロゴマークのスキャンデータ・写真データからトレースを行ない、ai、eps、png、psd、jpg、gif等のデジタルデータを作成しています。

Q.手書きロゴのデータ起こしをしてほしいのですが、修正の範囲で対応可能なことを教えてください。

手書きロゴのデータ起こしをご依頼のお客様からよくいただくお問合せです。手書きロゴからのデータ化をご依頼の方はご参考にしてください。

手書きロゴのデータ起こしの修正可能範囲

手書きロゴのデータ起こしの修正の範囲で対応可能なことは、「ガタガタしている、ギザギザしている線などの補整をする」・「手書きのロゴや文字などの線の歪みの整え」・「色を変更する」というところまでの修正となっております。新たなデザインの追加やアレンジは行っておりませんので、手書きロゴのデータ起こしをご依頼の場合はデザインを書き終わったものをお送りください。ご提案後、色の変更はご対応可能ですが、図案(デザイン)自体の修正は出来かねるため、一からトレースを行うこととなり、別途料金を頂戴することとなります。何かご相談ごとがございましたら、予めご相談ください。

当店では、お送りいただいた手書きロゴを、Adobeのイラストレーターで書き起こし、ご確認用のJPG画像でお客様にご確認いただいた後、aiのパスデータ=Illustratorデータにして、メール(ダウンロードURLからzipファイルをPCにダウンロードしていただく形式)とCD-R(郵送)で納品いたします。Illustratorデータは、印刷物やホームページ、看板等の制作にお使いいただけます。(印刷業者、制作会社等に渡せるデータです。業者さんは通常Illustratorを持っていますので、Illustratorデータを渡せば対応していただけます。)

お客様からよくお聞きするのですが、ブルゾンやTシャツの印刷業者さんにロゴ入りブルゾンやロゴ入りTシャツのプリント(印刷)を依頼するにあたって、今のデータだと印刷できないのでロゴのAIデータをくださいと、Illustratorデータを求められたという話です。aiデータとして持っていないと、業者さんによってはトレースをしてくれる場合もあるそうですが、データをもらえないことが多いようで、例えば他の制作物を作りたい時にまたaiデータを求められたら、その都度トレース料金を支払って制作を依頼しなければなりません。また、その場合、トレースされたロゴごとに、細かく見ると微妙にデザインが元のロゴとは変わってしまって違和感が出ることもあり、統一感が出ない場合があります。

また、既存ロゴの場合も、元データをいくつか送っていただくことがあるのですが、名刺、封筒など、それぞれ別の業者さんに依頼したこと(各業者さんにトレースしてもらったこと)が分かるくらい、それぞれのロゴが微妙に違う事があります。名刺のロゴ、封筒のロゴ、サイトのロゴなど、お送りいただいたものを比較するとそれぞれ微妙に違う場合もよくございます。このようなことにならないよう、一度きちんとロゴをデータ化して、全ての制作物に統一感を持たせましょう。

ai、eps、psd、jpg、pngの計5種類のファイル形式で納品させていただくのですが、aiはアドビのデザインソフトIllustrator(有料)がインストールされたパソコンでないと編集ができません。Adobeアクロバットリーダーをパソコンにインストールしていただければ、閲覧(確認)のみ可能です。アクロバットリーダーは無料ですので、業者さんへ渡す前に内容の確認はできます。ファイル名は同じですので、jpgの中から同じファイル名のデータを開いていただいても確認していただけます。

AIデータは、拡大しても縮小しても画質が劣化しませんので、データ化してお手元で保管しておくと大変便利です。名刺・封筒、ホームページ、チラシなど、様々なものに使えるよう、aiデータをお持ちになることをお薦めします。