ロゴマークのデータ化専門店ロゴトレでは名刺やチラシ、看板等で使用されている既存ロゴマークのスキャンデータ・写真データからトレースを行ない、ai、eps、png、psd、jpg、gif等のデジタルデータを作成しています。

Q.シンボルマークのデータを印刷所に入稿したら、「解像度が低い」「印刷するとぼやけてしまう」と高解像度データを求められました。印刷用に350dpiのデータが欲しいです。低解像度データと、マークが印刷された名刺・封筒ならあるのですが、トレースとデータ化はできますか?

実際にどのようなデータか拝見しないとお答えできかねますので、お手数ですが、解像度の低いデータ・名刺・封筒の印刷物をロゴトレのお問合せフォームよりそのデータを添付してお送りください。詳細はデータ化されるロゴ素材の作り方というページに掲載しております。

低解像度データから高解像度へのシンボルマークのトレースとデータ化

解像度の低いデータのみですと、トレースが難しい場合がございますので、名刺・封筒などシンボルマークの入った印刷物をお持ちの場合は、少し高解像度でスキャンをとっていただきお送りください。ご不安な場合はお持ちのデータ、印刷物をいくつか見せていただければ当店にて判断して良い状態のものでトレースさせていただきますのでご相談ください。※お問合せフォームには6MBまでのファイルを添付できます。添付等が分からない方は名刺や封筒の現物を郵送でお送りいただいてももちろん結構です。

印刷用には350dpi程度の解像度が必要

印刷に適した解像度は、350dpi程度です。解像度は高いほどきれいに印刷できるということはご存知かと思いますが、解像度の単位にはdpi、ppiなどいくつかあります。dpiはよく聞く言葉ですが、ppiは聞きなれない方もいらっしゃると思いますので簡単に説明します。

dpi(ドット・パー・インチ、dots per inch)

dpiはdot per inch(ドットパーインチ)の略です。1inchは2.54cmで、2.54cmあたりにいくつのドットがあるか?をあらわしています。印刷、いわゆるプリンターなどの出力機器における解像度で、1inchあたりのドット数。例えば、200dpiと350dpiなら350dpiの方がドットが多いため、きれいに印刷できます。

ppi(ピクセル・パー・インチ、pixels per inch)

ppiはpixel per inch(ピクセルパーインチ)の略ですが、こちらは画像解像度のことで、1inchあたり何ピクセルかいうことです。画像をパソコンで拡大すると、小さな正方形が沢山並んでいますこの1つ1つの正方形をピクセルといいます。幅1inchを何個のドット(丸)で表現できるかと表しています。

ピクセルは正方形、ドットはドット柄ともいうように、水玉をイメージしていただければ覚えやすいかと思います。ドットは点、丸、粒などをイメージしても覚えやすいかと思います。デジタル画像は印刷する時に、モニタ、ディスプレイでピクセルだったものが、ドットに変換されます。画像そのものの解像度はppi、印刷で出力される解像度はdpiです。