ロゴマークのデータ化専門店ロゴトレでは名刺やチラシ、看板等で使用されている既存ロゴマークのスキャンデータ・写真データからトレースを行ない、ai、eps、png、psd、jpg、gif等のデジタルデータを作成しています。

Q.ベクターデータ化したロゴマークはどんな用途に使用できますか?

完成したロゴのイラストレーターデータは、制作会社、印刷所、看板屋(サイン屋)さん等の業者様へのロゴ受渡しにお使いいただけます。

ベクターデータ化したロゴマークの使用用途

具体例としましては、「名刺・ショップカード・封筒などのビジネスツール」、「リーフレット・パンフレット・カタログ・会社案内などの営業ツール」、「チラシ・ビラ・フライヤー・DMハガキなどの販促物」、「看板(サイン)製作」、「FAXのヘッダー」、「レターヘッド」、「ホームページ(WEBサイト)やSNS」等でご使用いただけます。その他、「ロゴ入りカレンダー」や「粗品タオル」などにロゴを入れたり、グッズ制作、ユニフォーム制作など様々なものを制作する際に業者さんへ渡していただけます。

ロゴは画像のままでは印刷物、WEBなどで自由に使えません。当店ではイラストレーターでロゴを書き起こし(トレース)して、ベクターデータで納品しております。書き起こし・トレースとは、お送りいただくロゴの元画像を上からなぞっていくイメージです。ベクターデータでロゴをお持ちでない場合は、ロゴの書き起こし(トレース)をして保管しておけばいつでも必要な時に業者さんへロゴを渡せます。ベクターデータは点と線でつながれており、看板等の大きな媒体で使うために拡大したり、名刺やショップカードのような小さな媒体で使うために縮小しても劣化しません。当店の納品データでベクターデータはaiとepsとなります。その他、psdや高画質なjpg、pngも納品させていただきますが、この3つはビットマップデータと言います。

ロゴはイラストレーター形式で渡すのが一般的です。イラストレーターで作成したロゴはベクターデータと言いまして、看板やポスターなどの大きいもの、名刺やショップカードのような小さいものに至るまで、拡大縮小しても劣化しません(荒れません)。

イラストレーターデータはAdobeのIllustratorという有料のデザインソフトで開くことが可能です。印刷所、看板屋(サイン屋)さん等の業者様は、このIllustratorを購入し、パソコンにインストールして作業されていますので、納品データの中のイラストレーターデータを渡せば制作にお使いいただけます。また、イラストレーターがインストールされていないパソコンでもAdobe Acrobat Reader DC(無料)をパソコンにインストールしていただければ閲覧は可能です。

また、納品データの中のJPG画像はMicrosoft OfficeのWord(ワード)、Excel(エクセル)、PowerPoint(パワーポイント)等の書類作成や資料作成にご使用いただけます。ホームページでご使用の場合はpngをご利用ください。

当店では経験豊富なデザイナーがきれいにロゴをトレースさせていただきます。外注にも出しておりませんので、御社・貴店の大切なロゴも安心してお任せください。フリーダイヤルでお問合せも承っておりますのでお気軽にお問合せください。