ロゴマークのデータ化専門店ロゴトレでは名刺やチラシ、看板等で使用されている既存ロゴマークのスキャンデータ・写真データからトレースを行ない、ai、eps、png、psd、jpg、gif等のデジタルデータを作成しています。

Q.お店の看板を撮った写真画像から、ロゴマークと店舗名だけを切り取ってほしいです。ホームページで使用したいので、背景が透明のデータも欲しいのですがセット内容の中でやってもらえますか?

その写真にもよりますが、ほとんどの場合、お店の看板を撮った画像から、ロゴマークと店舗名の部分だけを切り取って背景が透明のデータを作成することは可能です。背景透過画像はホームページで使えるRGBのデータ「PNGデータ」で、はじめから納品内容となっております。

看板の画像からロゴマークや店舗名だけを切り取り、背景が透明のデータを作成

ロゴ部分だけを切り取ることをロゴのトレース(書き起こし、清書)と言います。また、そのデータからパソコン等で扱えるデータを作成することをデータ化と言います。当店の納品内容はAI、EPS、PSD、JPG、PNGの合計5種類ですが、そのうちのPNG(ピング)はロゴの背景が透明のデータとなっております。ホームページでご使用の際は、PNGをお使いいただければ背景に色がついていても、背景の上にロゴマークや店舗名を載せることが出来ます。PNGデータは初めからセット内容に含まれておりますのでご安心ください。納品は、ベクターデータのAI、EPSの他に、高解像度のJPGデータ、高解像度のPNGデータ、高解像度のPSDとなっております。

ベクターデータ(AI、EPS)とビットマップデータ(PSD、JPG、PNG)を納品

AIはロゴの基本となるデータで、ベクターデータ(またはドローデータ)と言います。PSD、JPG、PNGはビットマップデータ(またはラスタデータ)と言います。AI、EPSはイラストレーターがインストールされたパソコンで開くことが出来ます。また、AdobeのAcrobatReader(無料)がインストールしてあれば、確認(閲覧)できます。ベクターデータ(またはドローデータ)データを持っていれば、名刺、封筒、チラシ、会社案内、看板、Tシャツ、ユニフォーム、のぼり旗、横断幕、判子作成など様々な制作物の作成時に業者さんへロゴのデータを渡せるため大変便利です。ベクターデータは拡大や縮小、サイズ変更を行っても画質が劣化しません。そのため、印刷所、制作会社、看板屋さんなどの業者さんに依頼する際に渡す一般的なデータです。ロゴ入りの制作物を依頼する際は、一般的にaiデータ(イラストレーターのデータ)でくださいと言われるかと思いますので、是非ロゴをaiデータ(イラストレーターのデータ)でお持ちください。

当店では、トレース(ロゴマークや店舗名部分だけを切り取ること)経験豊富なデザイナーが、Illustrator(イラストレーター)で、丁寧かつ精度の高いトレースを行います。(ざっくりとしたトレースではございません。)※ただし、ご提供いただいた画像が低解像度すぎる場合など、切り取る線・なぞる線が不明瞭すぎる場合を除きます。お送りいただく素材によっては稀にご対応できかねる場合がございます。また、ロゴマーク作成の専門店の為、看板、ポスターなど大きい媒体や印刷物に使用した際にも輪郭が綺麗に出るよう、また縮小した際にも潰れたりしないよう考えて作業しております。

なお、写真を撮影される際は、デジタルカメラで高解像度モード・高品質モードなどに設定できる方は設定したうえで撮影してください。スマートフォンしか持ち合わせていない場合、高解像設定に出来る場合は必ず設定されてからお撮りください。

また、店舗看板以外に同じロゴマークを名刺やショップカード、営業車に貼られたステッカーやカッティングシール、カッティングシート等でお使いでしたらそのスキャンデータや写真データからもロゴの切り取りはできますのでお送りください。