ロゴマークのデータ化専門店ロゴトレでは名刺やチラシ、看板等で使用されている既存ロゴマークのスキャンデータ・写真データからトレースを行ない、ai、eps、png、psd、jpg、gif等のデジタルデータを作成しています。

Q.プレート看板で使用している会社名のフォントとシンボルマークをトレースしてほしいのですが、撮影の具合か写真写りが悪く、少し影がついていますがベクターデータにできますか?。荒れた感じを直し、境界線をはっきりさせてもらいたいです。

プレート看板で使用されている会社名のフォントとシンボルマークですが、少し影がついてしまっていてもベクターデータ化は可能です。

プレート看板の会社名フォントとシンボルマークのトレース

写真写りが悪いということでしたが、ご不安な場合は写真を何枚か撮影してお送りいただければ、当店でトレースに適したものを選んで作業させていただきますのでご安心ください。

少し影が写ってしまっていても結構ですので、その点より下記の点にご注意のうえ、プレート看板の会社名とシンボルマークを撮影いただけますようお願い致します。

プレート看板のシンボルマーク・会社名(フォント)撮影時は解像度を高めに

当店ではご提供いただく看板の写真データや、名刺や封筒など印刷物のスキャンデータをもとにトレースを行っております。写真の解像度が低いと拡大した際に荒れてしまい、マークの形や会社名の形が判別できないため(図案や文字の正確な形が分からないため)、トレースが難しい場合がございます。

シンボルマークや会社名の真正面から撮影する

お送りいただく写真の会社名やシンボルマークを下にひいてトレースします(形を取っていきます)ので、本来のデザインや文字の形が分かるよう撮影をお願いします。斜めからの撮影、歪みのある写真ですともとの正しい図案・形が判別しにくいため宜しくお願い致します。

データ化されるシンボルマークや社名素材の作り方

詳しくは、ロゴトレのご利用ガイドに、「データ化されるロゴ素材の作り方」の項目がございますので、写真データ撮影の参考になさってください。また、納品時のデータは、荒れた感じを直した、境界線のはっきりしたデータになりますのでご安心ください。

当店はシンボルマークのトレース作業・会社名や店舗名などのトレース作業、及びベクターデータ化に関して1,000件を超える納品実績がございます。その他、オリジナルロゴ作成もしているロゴ専門店ですので、精度の高さはご安心ください。トレースは経験を積んでいかないと綺麗かつ精度高くできるようにはなりません。

業者へのご依頼時に適した「AIデータ(ベクターデータ)」は初めから納品内容となっておりますので、大きく引き伸ばして使うことの多い「看板(サイン)」や「大判ポスター」などを業者へ発注される際にも困りません。もちろん、Adobe Illustratorがパソコンにインストールされていてソフトが扱える方でしたら、ご自身でも色の変更やサイズ変更など行っていただけます。