ロゴマークのデータ化専門店ロゴトレでは名刺やチラシ、看板等で使用されている既存ロゴマークのスキャンデータ・写真データからトレースを行ない、ai、eps、png、psd、jpg、gif等のデジタルデータを作成しています。

Q.昔自分で作成したロゴを使い、運営するショップで使用しているのですが、輪郭がギザギザしており、拡大して印刷物に使いたいのに良い状態で使えません。ロゴマークの輪郭をシャープにして納品してしてほしいのですが、トレースを依頼すればきれいなロゴ画像になりますか?

まずは、昔ご自身で作成されたショップロゴの写真データ、又はスキャンデータをお問合せフォームに添付してお送りください。写真やスキャンをお取りになる際は、出来るだけ高解像度に設定してからお取りいただけますようお願い致します。その画像をもとにトレースを行うため、宜しくお願い致します。

お送りいただいたデータを確認後、当店でトレース可能かご連絡させていただきます。基本的にお問合せいただくロゴはほとんどトレースが可能です。精度の高いトレースを行ってはおりますが、極端に低解像度の画像や小さな画像の場合など、内容によりましては稀にトレースが難しい場合がございます。

ベクターデータとビットマップデータを納品

当店のロゴのトレースは、ギザギザ・ガタガタしているロゴマークの輪郭をシャープにして、拡大・縮小・サイズ変更しても劣化しないベクター形式のデータ(ai、eps)と、ビットマップ形式のデータ(psd、jpg、png)で納品するサービス内容となっております。Aiは印刷業者や看板業者へロゴのデータを渡す際に一般的なデータです。AdobeのIllustratorのソフトをお持ちで操作ができる方でしたら、ご自身で色を変更するなど、編集・加工も可能です。

ビットマップデータとは

納品データでai、eps以外のデータ(psd、jpg、png)はビットマップデータと言います。ビットマップデータは、様々な色や濃さの点が沢山並んで構成されており、それらの点によって写真などのように複雑・繊細な表現ができます。

ベクターデータとは

ベクターデータは拡大縮小・サイズ変更しても劣化せず、綺麗な状態を保ちますが、繊細なグラデーション、複雑な表現が必要なデザインには向きません。

反対にビットマップデータは繊細な表現ができますが、サイズ変更を行うとギザギザしてしまい品質が低下するため、拡大縮小やサイズ変更には向きません。

なお、当店ではベクターデータ(AI、EPS)は初めから納品内容となっております。別途追加料金はいただきませんのでご安心ください。

一度データ化すれば、ホームページや印刷物、看板など様々な制作に使用できます。ただし、トレースの精度は経験によって差がございますので、経験豊富な当店にご依頼いただければと存じます。

また、当店はフリーダイヤルによる電話対応、納品ファイル形式の数の多さ、CD-Rでの納品といった、ロゴトレースの精度以外のサービス内容も充実しておりますので、納品後もデータの取扱いで何かございましたらお問い合わせいただけますのでご安心ください。

なお、お問い合わせフォームへ添付できない場合、お客様情報だけお問合せフォームからお送りいただき、その後、E-mailで画像をお送りいただいても結構です。画像を拝見次第ご連絡させていただきますので、メールにはお名前とご連絡先を必ずご入力ください。