ロゴマークのデータ化専門店ロゴトレでは名刺やチラシ、看板等で使用されている既存ロゴマークのスキャンデータ・写真データからトレースを行ない、ai、eps、png、psd、jpg、gif等のデジタルデータを作成しています。

Q.ロゴマークと会社名の切り文字看板を制作したいのでサイン屋に問合せたら「イラストレーター形式のaiファイルのデータ」で「書体、フォントがアウトライン化されているものが必要」と言われたのですが、ロゴトレに注文すればこれらの内容で作成してもらえますか?

ロゴマークと会社名の切り文字看板を制作されるということですが、当店では「イラストレーター形式のaiファイルのデータ」かつ「書体、フォントがアウトライン化されているもの」で納品を行っております。※ただし、一部デザインの内容によりましてはご対応できかねる場合がございますが、お受けできるものに関しましてはご希望の内容で納品可能です。

会社名のフォント・書体のトレース(縁取り)からアウトライン化

お問合せフォーム又はご注文フォームから、ロゴマークと会社名の画像をお送りいただき、当店でご対応可能だった場合は、丁寧に縁取り(トレース)を行い、サイン屋(看板屋)さんに入稿いただけるよう作業させていただきます。一度この縁取りを行ったデータを持っていれば、看板以外にも名刺や封筒、チラシや会社案内などの印刷物の作成等にも使えます。

切り文字看板だけでなく、その他の看板やカッティングシート等、Illustratorデータでご対応いただけるサイン屋さんでしたらご対応いただけるかと存じますので、ロゴデータをご購入いただいた後、サイン屋さんへデータを送りどの看板が作れるかお問合せいただければと存じます。

納品時は様々な業者さんへお渡しいただけるよう、もちろん書体・フォントは全てアウトライン化しております。アウトライン化とは、Adobe Illustrator(アドビ イラストレーター)というデザインソフトでトレース(文字の輪郭・縁(フチ)のラインをなぞる作業)を行い、文字の輪郭を取ったもの(図形化したもの)を指します。

アウトライン化(図形化)がされていないデータを業者さん(看板屋、印刷所、制作会社等)へ入稿(渡した)場合、業者さんのパソコンに同じ書体・フォントが入っていないと、他の書体・フォントに差し変わってしまいますので、必ずこの作業を行って納品しております。

aiはAdobe Illustratorをお持ちで、操作ができる方でしたら編集も行っていただけます。ただ、有料ソフトであることと、操作を覚えるのに時間がかかりますので安易にイラストレーターを購入することはおすすめしません。※当店ではIllustratorの操作方法についてはご案内できかねます。

なお、イラストレーターをお持ちでないとファイル(ロゴデザイン)を確認出来ないかというと、そんなことはございません。AdobeのAcrobat ReaderDC(無料)をダウンロードして、パソコンにインストールしていただければ閲覧は可能です。

なお、AIファイル以外に、EPS、PSD、PNG、JPG(カラーモードはCMYK、RGBの2種類)のファイル形式でも納品させていただきます。ワードやエクセルで作成する書類にもロゴを挿入できますし、ロゴの背景が透明なPNGはホームページ、ブログ等のSNSでのご使用にお薦めです。納品ファイル形式が多いため、納品後にお困りになることはないかと存じます。

ご対応は可能かどうかは画像拝見後でないとお答えできかねます。お急ぎの場合はスピード作成オプションもございますのでご利用ください。