ロゴマークのデータ化専門店ロゴトレでは名刺やチラシ、看板等で使用されている既存ロゴマークのスキャンデータ・写真データからトレースを行ない、ai、eps、png、psd、jpg、gif等のデジタルデータを作成しています。

Q.ロゴデザインのデータを紛失してしまい、電飾看板の写真からロゴデータを作って欲しいです。制作後のデータはチラシ屋さんやホームページ制作会社等に渡したいのでaiデータで共有していただけますか?

電飾看板を撮影された写真データ(JPG)からのロゴデータ作成も承って受けおります。 ロゴデータの作成をお受けできるのは、お客様が著作権をお持ちのもの、または著作者様・制作者様の許可を得られているものに限ります。また、そのような問題がない場合でも、デザインの内容によりましては稀にお受けできかねる場合もございますので、ロゴトレのお問合せフォームより、電飾看板の写真データを添付のうえお問合せください。確認後、当日~翌営業日にご対応についてご連絡いたします。※複雑・繊細なデザインでない限り、ご対応できることが殆どです。

電飾看板の写真からロゴを書き起こしてデータ作成するには

電飾看板の写真を撮影される場合は、高解像に設定された後、ロゴに対して出来るだけ真正面から撮影いただけますようお願い致します。斜めからの撮影となりますと、歪みの原因になりますので正しいロゴの図案が把握できかねます。

制作後のデータはチラシ屋さんやホームページ制作会社等へお渡しいただける、aiデータで共有(納品)させていただきます。印刷所、制作会社などへロゴを渡すときはこのaiデータ(アドビ イラストレーター形式)で渡すのが一般的ですので、納品データの中のaiより必要なデータをお渡しください。CD-Rも納品させていただきますので、そのCD-Rを直接業者さんへお渡しいただいても結構です。

当店では看板・サインをはじめとし、名刺や封筒など紙に印刷されたロゴデザインを、Illustratorというデザインソフトを使用して書き起こし、印刷やWEBで使えるデータに変換して納品をさせていただいております。

書き起こしたロゴデザインのデータをお客様のお手元に保管しておいていただければ、チラシやホームページだけでなく、エクセルやワードで書類を作成される際にもロゴを使用できます。また、AIデータは拡大縮小しても劣化しないベクターデータといい、ロゴマーク、シンボルマークのマスターデータとなるものですので、電飾看板以外の看板(サイン)制作、例えばプレート看板、パネル看板、のぼり旗、カッティングシート、カッティングステッカーといった業者さんへもお渡しいただけます。

AIはAdobe IllustratorのバージョンCSで納品させていただきます。会社名・店舗名・団体名などはアウトライン化して納品させていただきますのでご安心ください。なお、ご依頼になる看板屋さんがお決まりの場合は、仕様を確認させていただきますのでご依頼になる業者様をお知らせください。