ロゴマークのデータ化専門店ロゴトレでは名刺やチラシ、看板等で使用されている既存ロゴマークのスキャンデータ・写真データからトレースを行ない、ai、eps、png、psd、jpg、gif等のデジタルデータを作成しています。

Q.手書きのイラスト(ロゴマーク)をベクターデータ化してほしいのですが、ロゴのデザインを書く紙(用紙)の種類は何でも良いのでしょうか?

ベクターデータ化する際にお送りいただく手書きのイラスト(ロゴマーク)は、そのデザイン(図案)がパッと見てどなたでも判別できるようでしたら、基本的に紙の種類は何でも結構です。

手書きのイラスト(ロゴマーク)を書く用紙の例

コピー用紙、トレーシングペーパー、上質紙、ケント紙、画紙(画用紙)、スケッチブック、クロッキー帳、手帳、ノート、ルーズリーフ、方眼紙、クラフトペーパー、クラフト紙、マンガ原稿用紙、段ボール、包装紙、ざらばん紙、わら半紙、メモ帳、色紙、薄紙、厚紙、ハガキ、ポストカード、便箋など、何でも結構です。※裏写りしていない、イラストが描いてある面に図案が判別しにくい柄が入っていないものでお願い致します。※方眼紙やノートの線は入っていてもこちらで判別できますのでデータ化可能です。

チラシの裏などでも結構ですが、その場合はマジックなどハッキリと線が分かる筆記用具でお書きください。また、筆文字の場合は書道用紙、半紙などに書いた後、出来るだけスキャンデータをお送りください。(スキャンデータの方が掠れ(かすれ)など筆文字特有の箇所の確認がしやすいため。)

ただし、どのような用紙に書いていただいた場合でも、実際にそのイラスト(ロゴマークの)スキャンデータもしくは写真データをフォームよりお送りいただいた後、ご対応可能かご連絡させていただきます。ほとんどのロゴデザインはベクターデータ化が可能ですが、細かいデザインや複雑なデザイン、繊細なグラデーションが必要なデザインなどはご対応が難しくお受けできかねる場合がございます。

「手書きのロゴマークを書く用紙の例」以外の紙でも、ぱっと見で誰が見てもデザイン(図案)が分かるものであればほぼ可能です。また、「簡単なスケッチなので…」「あまり上手ではないので…」と仰るお客様も多くいらっしゃいますが、手書きですので書いた線が多少ユラユラしていたり、左右対称でなかったりするスケッチのお客様もいらっしゃいますので、あまり難しく考えずにお送りください。それをトレースし、歪みを整え、ご希望の色で綺麗なデータにするのが当店のサービスですので、初めてデータ化を依頼されるお客様もご安心ください。ご不明な点がございましたらフリーダイヤルやお問合せフォームよりお気軽にお問い合わせください。

なお、フォームにご入力いただくお客様のEメールアドレスが、ヤフーメールやG-mail等のフリーメールの場合、フォームの内容が当店に正常に届かない場合がございます。当店ではフォーム受領後、当日か翌営業日には見積書をお送りさせていただいております。フォーム送信後、2~3日経っても当店からご連絡がない場合は、お手数ですがお電話にてお問い合わせください。作業は見積書をご確認いただいた後にスタートします。ご注文後やお問合せ後にすぐ送信される自動返信メールはお見積りではございませんのでご注意ください。