ロゴマークのデータ化専門店ロゴトレでは名刺やチラシ、看板等で使用されている既存ロゴマークのスキャンデータ・写真データからトレースを行ない、ai、eps、png、psd、jpg、gif等のデジタルデータを作成しています。

Q.提灯(ちょうちん)に印刷されたお店のロゴマークと筆文字のデータ化を検討しているのですが、写真からイラストレーター(AIデータ)に変換してもらうことは出来ますか?

提灯(ちょうちん)に印刷されたお店のロゴマークと筆文字の写真からのデータ化も可能です。※基本的にはご対応可能なことがほとんどですが、まずはロゴトレのお問合せフォームに写真データを添付してお送りください。

提灯(ちょうちん)に印刷されたロゴマークと手書き文字(筆文字)のAIデータ化

提灯(ちょうちん)に印刷されたお店のロゴマークと筆文字を撮影する際は、出来るだけ真正面から(歪みがでないよう)近づいて撮影してください。下からの撮影、斜めからの撮影など、真正面でない場合、歪みが生じる場合がございます。※お送りいただく写真を見てトレースを行うため、もとの写真が歪んでいると正しい図案・形が分からないため再現性が落ちたり、場合によってはご対応が難しい場合もございます。

なお、「ボケた写真」「ブレた写真」「提灯の前を電線等が何本も通り対象物を遮っている」「マーク、文字の全体像が写真におさまっていない」など、きれいな状態で写っていない写真の場合もデータ化が難しいことがございます。提灯(ちょうちん)は湾曲しているため、データ化したい部分が写りきらない場合は写真を何枚か取ってお送りください。対象となるマークや文字が真正面に来るようにお撮りください。また、落款印や小さい文字などの細かいデザインがある場合、実際に写真を確認しないとご対応可能かお答え出来かねますので、まずは写真に撮ってお送りください。もし名刺や封筒、チラシ等の印刷物に、提灯と同じロゴマークや筆文字をご使用の場合、印刷物の方が歪みがないため正確なデザイン(図案、形状)が分かりますのでそちらをお送りください。

トレース後は、イラストレーター形式のAIデータに変換して納品させていただきます。イラストレーターはAdobe Illustrator(ai)のデータでロゴのマスターデータとなるものです。Adobe Illustratorがインストールされたパソコンで編集が可能です。(ベクターデータと呼ばれ、拡大縮小しても劣化しません。)また、ai以外にeps、psd、jpg、png形式のデータも納品させていただきます。マークと文字(店舗名や会社名)がある場合、マークのみ、文字のみのデータも納品させていただきます。納品後、aiデータを看板屋さんに入稿すれば看板制作も可能です。また、名刺や封筒の業者さんへ入稿すれば、ロゴや文字(店舗名や会社名)を入れた名刺や封筒が制作できます。その他、ロゴを入れたいものがあった場合は業者さんへAIデータを渡せば対応していただける便利なデータです。