ロゴマークのデータ化専門店ロゴトレでは名刺やチラシ、看板等で使用されている既存ロゴマークのスキャンデータ・写真データからトレースを行ない、ai、eps、png、psd、jpg、gif等のデジタルデータを作成しています。

Q.スケッチブックに手書きでロゴマークデザインを書き、パソコンで会社名を作成しました。ロゴのイラストを写真に撮ったので、会社名と一緒にウェブ・印刷で使えるよう電子データ化したいです。また、ビットマップデータ(jpg)からベクターデータ(ai)にデータ変換は出来ますか?

当店では、ビットマップデータ(jpg)やPDF(ベクターデータ)でお送りいただいたロゴマークや会社名の画像をAdobe Illustratorでトレースし(書き起こし)、ベクターデータ(ai)にデータ変換を行っております。

ロゴマークのビットマップデータ(jpg)をベクターデータ(ai)へ変換・電子データ化する

電子データ化については、マークと社名を1セットでお受けしておりますので、「ロゴのイラストを撮影した写真」と「パソコンで作成された会社名のデザイン」をお送りください。※パソコンで作成されたデザインについては、作成ソフトによっては当店へお送りいただいた際に書体が変わってしまう場合がございますので、スクリーンショット、キャプチャ、またはパソコンモニタを携帯カメラ(スマホやガラケー)やデジカメで撮影いただいた確認用画像も合わせてお送りいただけると正確です。

手書きのロゴマークは、初めに「そのまま(手書き感を残したまま)データ化されたいのか」、「線の歪みなどを当店で整えてしまって良いのか」を予めお知らせください。当店では丁寧で細かいトレース作業(パス取り)を行っているため、ちょっとここを直してほしいというような編集でも内容によっては初めから作業を行う形となり、作業時間が多く発生するため、ご希望の内容により追加料金が発生する場合がございます。

ただし、色の変更はほとんどの場合すぐに出来ますので、例えばご確認いただいた後に青色のロゴをを赤色にしたいということでご希望を伝えていただければと存じます。

手書きでロゴマークをお書きになる場合、スケッチブックやコピー用紙などの真っ白な用紙でなくても、方眼紙やノート、手帳などの線の入ったものでも対応可能です。※その場合は、マジックなど、はっきりと分かる筆記用具を使ってお書きください。(どなたが見てもどんな図案か分かる内容であれば、マジック以外でも対応できるかと存じますので、一度お送りください。)

基本的に線の歪み・バランスを補整しながら、お送りいただいたイラストのイメージを崩さないようそのままトレースをしていきますので、例えば線がフニャフニャして分かりにくいものなど、書き起こす線があまりにも曖昧な場合はスケッチを書き直し、あるいは修正していただき再度お送りいただく場合もございますので、宜しくお願い致します。