ロゴマークのデータ化専門店ロゴトレでは名刺やチラシ、看板等で使用されている既存ロゴマークのスキャンデータ・写真データからトレースを行ない、ai、eps、png、psd、jpg、gif等のデジタルデータを作成しています。

Q.休業していた会社を再開するのですが、CD-Rに保存していたロゴのマスターデータを紛失してしまい、きれいなデータで復元してほしいのですが、看板に使っているシンボルマークと会社名から復元は可能ですか?小さなサイズの画像があるのですが、拡大すると荒く汚くなってしまい使えません。

看板で使用されている「シンボルマーク」と「会社名」を写した写真の画像データがあれば復元は可能ですので画像をお送りください。写真がぼけておらず、当店でシンボルマークの図案、会社名(文字)の形状が判別できるものは基本的に復元可能です。※ほとんどのロゴは復元可能ですが、稀にご対応が難しい場合もございますので、看板のロゴを撮影後、写真の画像データ(jpg)をお送りください。なお、お送りいただいた画像からトレースを行いますので、元の写真がぼけたり、歪んだりしないよう、出来れば何枚かお撮りいただき、写りの良いものを選んでお送りいただければと思います。また、写真を撮る際は、歪まないよう、出来る限りシンボルマークや会社名の真正面から(斜めからの撮影とならないよう)お撮りください。写真撮影時、解像度を上げて撮影できる場合は少し高めにご設定ください。

トレース後はロゴのマスターデータである、aiデータ(Illustratorデータ)含む5種類のファイル形式に変換して納品させていただきます。納品ファイル形式はAI、EPS以外にPSD、JPG(JPEG)、PNGの合計5種類です。PSD、JPG(JPEG)、PNGはビットマップデータ(ラスターデータとも言う)と言います。納品ファイルのAIとEPSはベクターデータと言い、輪郭は滑らか、拡大しても画質の落ちない綺麗なデータです。ベクターデータはベクトルデータ、ドローデータとも言い、拡大しても劣化しない(画質が落ちない)ため、看板など大きなものを製作される際にも業者さんに入稿できます。AIは業者へ渡すのに一般的なデータです。業者さんからロゴのデータを下さいと言われたら、通常はIllustratorデータを渡します。

AIはロゴのマスターデータですので、一度復元してしまえば、お仕事で必要な名刺や会社案内などの印刷物をはじめ、ブログやホームページ等のWEBでもご使用いただけます。料金はシンボルマークと会社名の1セットで16,280円(税抜価格14,800円)となっております。銀行振込とクレジットカード決済に対応しております。メールとCD-Rで納品させていただきます。会社の大切なロゴですので、お手元にCD-Rを大切に保管いただければと思います。