ロゴマークのデータ化専門店ロゴトレでは名刺やチラシ、看板等で使用されている既存ロゴマークのスキャンデータ・写真データからトレースを行ない、ai、eps、png、psd、jpg、gif等のデジタルデータを作成しています。

Q.ロゴトレース注文後、ロゴ原稿を差替えたい場合、追加料金はかかりますか?

A.当店ではご注文後に必ず見積書をご確認いただいてから作業を開始させていただいておりますが、そちらのお見積り金額はお送りいただいたそのロゴ原稿に対してのお見積金額となっておりますので、タイミングや内容により追加料金、またはもう1セット分の料金がかかる場合がございます。

トレースするロゴ原稿の差替えはすぐにご相談ください

ロゴのトレースご注文後、ロゴ原稿を変更されたい場合、出来るだけ早くお知らせください。ご注文直後、見積書確認直後など、当店が作業を開始していない場合は原稿を確認させていただいたうえでご対応させていただきます。※ただし、差し替え後のロゴデザインのデータを拝見した上で料金のご案内や、データ化のご対応の可否をご連絡させていただく形となります。

作業を開始した後、作業が終わりご確認用データをお送りしたあとは、トレース作業が済んだ後ですので、タイミング・内容によって追加料金、またはもう1セット分の料金がかかる場合がございます。ご注文をお受けした後に料金内でご対応可能な内容は、そのロゴに対しての色の変更・歪みの微調整程度となっております。当店では制度の高い丁寧なトレース作業を行っております。少しデザインが違うだけでも、トレースは最初から行うことになりますのでご了承ください。

デザイン差替えの理由としてよくお客様よりご相談いただくのが、これまで複数の業者さんに名刺や封筒などの制作を依頼されている場合で、ロゴデータをお持ちでないがゆえに、その都度それぞれの業者さんに無料や低料金でお持ちの印刷物等からトレースを行ってもらっている場合です。業者さんによってトレースの精度が異なるため、見せていただくとそれぞれのデザインが少しずつ異なっているのです。

一度きちんと精度の高いトレースをご依頼いただき、Illustrator形式(拡張子「.ai」「.eps」)でロゴのマスターデータをお持ちになり、そのデータで作り直していけば、制作物ごとにデザインが異なるという事が防げます。

Illustrator形式のデータはベクターデータと言いますが、ベクターデータは大きくしてもお使いいただけるため、看板屋さん、のぼり旗やTシャツの業者さんへ渡せばそれらの制作物も全て同じデザインで制作できます。ただし、業者さんによりましては、その制作物に合うよう(業者様の良心ですが)デザインに少し手を加えられる業者様、ロゴの取扱いを勘違いされており比率を変更されてしまう業者様などが稀にいらっしゃるのですが、そうしますとまたそれぞれの制作物でデザインが少し違うということになってしまいますので、制作物をご依頼になる際は仕上がり前にご確認用データで仕上がりイメージの確認が取れる業者さんへご依頼ください。

注文フォームに添付したデータで作業させていただいた後で「確認させてもらったのですが、やっぱりこちらの原稿からやり直してほしい」とご相談いただく事があるのですが、当店ではトレース経験・ロゴマーク作成経験が豊富なデザイナーが、お送りいただいた既存ロゴマークの画像から忠実に時間をかけて丁寧にトレースを行い精度の高い作業を行っております。じっくり丁寧に作業を行うため、作業時間が発生した後は、上記に書きましたようにタイミングや内容により、追加料金またはもう1セット分の料金がかかる場合がございますのでご了承ください。