ロゴマークのデータ化専門店ロゴトレでは名刺やチラシ、看板等で使用されている既存ロゴマークのスキャンデータ・写真データからトレースを行ない、ai、eps、png、psd、jpg、gif等のデジタルデータを作成しています。

Q.手書きで書いたシンボルマークの下書きのままのトレースではなく、少し手を加えてもらいブラッシュアップしたものをデータ化して欲しいのですが?

ロゴトレのサービスは「画像データ(紙原稿の写真・スキャン)」または「紙原稿そのもの」をお送りいただき、そのままトレースして(=ロゴを起こして)データ化をするという内容となっております。そのため、お問合せの内容ですと、下記のように案内させていただいております。

手書きロゴマークのブラッシュアップ

ロゴトレのサービスは「画像データ(紙原稿の写真・スキャン)」または「紙原稿そのもの」をお送りいただき、そのままトレースして(=ロゴを起こして)データ化をするという内容となっております。 そのため、お送りいただいたラフや原稿のシンボルマークに少しデザイン性を持たせてほしい(ブラッシュアップしてほしい)という内容は対象外です。※編集(微調整)を承っておりますが、ご対応可能な内容は、線の歪みの補正と色の変更のみとなっております。調整回数は3回までとなっております。

ブラッシュアップ等、内容によりロゴエキスパートの対応となる場合も

ブラッシュアップが必要な場合につきましては、内容により当店で運営しているロゴマーク作成サイト、ロゴエキスパートをご案内させていただく場合がございます。ロゴエキスパートはオリジナルロゴマーク作成のサイトとなります。そのため、原案の雰囲気を活かしつつもデザイン性を持たせる、ブラッシュアップするといった内容が可能です。

下絵の画像データを問合せフォームより送信のうえご相談ください

いずれにしましても、まずは実際どのような原案か拝見しないとご対応可能か判断しかねるため、一度、下書き原稿(ノートや画用紙、コピー用紙などに書いた下書き・ラフスケッチ)をロゴトレのお問合せフォームよりお送りください。※お送りいただく画像データをご用意いただく際、出来るだけ解像度、画質を高めにご設定のうえ写真もしくはスキャンをおとりください。特に写真の場合、できるだけロゴの真正面からカメラで撮影なさってください。また、ボヤけていたり、ブレている写真ですと正確な確認が取れませんのでご注意ください。

当店ではトレース作業を外注や下請け、提携デザイナー、協力会社等には出しておりませんので、企業様・会社様・店舗様・ショップ様はもちろんのこと、団体様・医療機関様、教育機関様、個人様まで幅広いお客様にご信頼いただき何度もリピート注文をいただいております。また、当店はロゴマーク専門店です。経験豊富なデザイナーが作業を行いますのでご安心ください。

また、納品データはダウンロード形式のほか、CD-Rで郵送しております。 納品後のロゴデータはDTP(印刷)、WEB(ホームページなど)、OFFICE(ワードやエクセルなど)の書類作成のほか、看板屋(サイン屋)へのお渡し等にお使いいただけます。納品ファイル形式は、ai(エーアイ)、eps(イーピーエス)、psd(ピーエスディー)、png(ピング)、jpg(ジェイペグ)の計5種類となっております。ai(AdobeのIllustratorで編集できます)のデータは、拡大・縮小・変形しても劣化しません。看板屋さん(サイン屋)等の業者様、制作会社様へロゴを渡す際に一般的なファイル形式ですので、しっかりとトレースしたロゴのaiデータを持っていれば各種制作に便利です。