ロゴマークのデータ化専門店ロゴトレでは名刺やチラシ、看板等で使用されている既存ロゴマークのスキャンデータ・写真データからトレースを行ない、ai、eps、png、psd、jpg、gif等のデジタルデータを作成しています。

Q.企業ロゴがあるのですがAIデータを持っていません。白抜きと、背景が透明なロゴデータ、AIデータが欲しいのですが、どう依頼すればいいですか?

ロゴマークの白抜きはご注文時に、オプションの「色違いデータ追加」を選択していただくことで納品可能です。また、ロゴの背景が透明なデータはpngファイルがその透明データとなりますので、別途オプションを追加していただく必要はございません。なお、ロゴのマスターデータとなる「イラストレーターデータ(aiデータ)」は初めから納品内容となっておりますのでご安心ください。

納品後に、制作会社・印刷所・看板屋(サイン屋)・グッズ制作会社、ユニフォーム屋、Tシャツ屋さん等の業者へ制作物を依頼する際、aiデータ(イラレデータ、イラストレーターデータ)を提供(支給)してくださいと言われることが大半かと思います。このaiデータは、「ベクターデータ、ベクトルデータ、パスデータ」と呼ばれるものです。もしこちらの3つの名前のデータの場合もaiデータをお渡しいただければ対応していただけることがほとんどですので納品後のことについてもご安心ください。

まず、AIデータを作成できるかどうかは元の画像の解像度等によりますので、ロゴトレのお問合せフォームにロゴの画像を添付して送信しお問合せください。なお、実際の画像を拝見していない状態では具体的な納期やお見積りは出来かねます。 当店では経験豊富なデザイナーが、一点一点丁寧にロゴマークのトレース(書き起こし)を行っております。企業ロゴ、ショップロゴ、ブランドロゴ、サービスロゴなど様々なロゴトレースの実績がございます。※お受けできるロゴは著作権を侵害する恐れのないものに限ります。

ロゴもデジタル化の時代ですので、解像度の低いウェブサイトのロゴ画像だけ持っていても、印刷すると粗くなるため使うことが出来ません。印刷に使うにせよ、WEBで使うにせよ、やはりパソコンで扱えるデジタルデータで持っておかれることをお薦めします。なお、AIデータはAdobeのIllustrator(グラフィックデザインソフト/有料)をパソコンにインストールしていれば編集・加工が可能ですが、マイクロソフトのWordやExcel、PowerPointといったソフトと違い、通常はPCにインストールしていないソフトです。ただし、全く見られないかというとそうではなく、同じAdobeのソフトになりますが、「Adobe Acrobat ReaderDC(PDF閲覧・印刷ソフト/無料)をインストールすれば閲覧可能です。