ロゴマークのデータ化専門店ロゴトレでは名刺やチラシ、看板等で使用されている既存ロゴマークのスキャンデータ・写真データからトレースを行ない、ai、eps、png、psd、jpg、gif等のデジタルデータを作成しています。

Q.スマホアプリ(ペイントアプリ、お絵かきアプリ等)で制作したロゴマークの画像を綺麗にトレースしてもらい、高画質なデータにしてほしいのですが、完成後のロゴデータはホームページやSNS、通販用パッケージ)にも使えますか?

お客様ご自身でスマートフォン (ペイントアプリ、お絵かきアプリ、イラスト制作アプリ、描画アプリ等)で制作されたロゴマークの画像からロゴを綺麗にトレースし、高画質なデータ化することも可能です。納品後は各種印刷物の制作(チラシや通販用パッケージ)にも使えます。

これまではPCのペイントアプリや、イラストソフトで制作されたロゴマークや、実際に紙に手書きされたロゴからのデータ化のご依頼が多かったのですが、最近ではスマホのペイントアプリや、お絵かきアプリ等でロゴを制作され、ご依頼いただくお客様も増えております。

そういったアプリには、各種ペンやブラシ、(Gペン、デジタルペン、エアブラシ、丸筆、平筆、鉛筆、油彩、木炭、クレヨン、スタンプ等)ツールがあるかと思いますが、データ化できるかどうかは画像を拝見した後でないとお答えできかねます。(繊細なイラスト、繊細な加工や色付けを施したものはご対応が難しい場合がございますのでご了承ください。)保存形式PNG,JPEG

お手数ですが、ロゴトレのお問合せフォームに画像を添付してお問合せください。当日~翌営業日にご対応できるかどうか回答させていただきます。アプリで作成した完成後のロゴマークの画像データをお送りください。

スマホで描いたロゴはそのまま手書き感を残してデータ化を希望されるか、揺れた線・ブレた線を真っ直ぐ綺麗に整えてデータ化されたいか、予めお知らせください。

トレースはご提供いただいた画像をもとに行います。そのため、ロゴを作成される際、「塗りつぶす箇所は塗りつぶす」など、ぱっと見で分かるよう作成していただければと存じます。例:縁取り(ふちどり)は黒、中の色は赤、とすぐ分かるように作成ください。

フルカラーのロゴの場合は、フルカラーとグレースケール(モノクロ)と黒1色の3つのカラーで納品させていただきます。AI、EPS、PSD、JPG、PNGの合計5種類です。高画質です。AIデータ、いわゆるIllustrator形式のデータは各種業者へお渡しいただけるデータです。Aiデータは拡大縮小しても劣化しないロゴのマスターデータです。Adobe Illustratorで編集加工が出来る形式です。

納品後は印刷物やWEB(ホームページやSNS)でお使いいただけます。チラシや通販用パッケージを業者さんに依頼される際にもお使いいただけます。納品後は、業者さんへAIデータをお渡しください。どのデータを送ればいいかご不明な場合はお問合せいただければ対応させていただきます。