ロゴマークのデータ化専門店ロゴトレでは名刺やチラシ、看板等で使用されている既存ロゴマークのスキャンデータ・写真データからトレースを行ない、ai、eps、png、psd、jpg、gif等のデジタルデータを作成しています。

Q.ロゴトレースの納品内容にベクターデータは含まれていますか?

A.完成したロゴデータ(トレース、書き起こし後)の納品内容につきましてご案内します。

納品内容にはベクターデータが含まれています

当店のロゴの納品内容には「ベクターデータ」が含まれております。実際に当店の納品内容でご説明しますと、ベクターデータは「AI」と「EPS」、ビットマップデータは「PSD」・「JPG(JPEG)」・「PNG」の拡張子がついたファイルとなります。

ベクターデータとは

ベクターデータとはあまり聞きなれない方もいらっしゃると思いますので、簡単にご説明します。モニタ上で表現できる画像データには「ベクターデータ」と「ビットマップデータ」があります。 ベクターデータとは、Illustrator(イラストレーター)などのドロー系ソフトを用いて作成するAIやEPSなどのデータです。ベクターデータは「ドローデータ、ドロー形式、ベクトルデータ、ベクタ形式、ベクタ画像」などと呼ばれることもあります。ベクターデータは拡大・縮小・変形しても画像が荒れないため、印刷で使用するにはベクターデータが適しています。

ロゴトレでは、既存ロゴマークやロゴタイプをAdobe Illustratorでパスを取ってトレースし、印刷やWEBでご使用いただけるデータにして納品するサービスを行っております。パスとは、イラストレーターのペンツールで引いた図形の輪郭線のことです。

なお、ベクターデータはこのような方にお勧めです。
・ロゴのjpgデータしか持っていない方(例:ホームページにロゴを使用しているがロゴのaiデータを持っていないため、他の用途で使えない。)
・制作会社に会社案内やチラシへロゴを入れて印刷してもらっているが、紙に印刷したものしか持っておらずデジタルデータを持っていない方)
・低解像度のデータしか持っていないので高解像度のデータが欲しい方
・印刷入稿用にベクター形式のデータが欲しい方

ちなみに、aiやepsはAdobe Illustratorがインストールされたパソコンでないと開いて編集することは出来ません。ビジネスツール(名刺や封筒、会社案内など)や販促物を制作会社へ依頼される際、「ロゴのデータを送ってください。」と言われたらaiデータを渡すのが一般的です。制作会社、看板屋さんなどの業者さんはイラストレーターをお持ちですので、aiデータを渡すことによって、ロゴを入れた印刷物や看板などを制作してもらうことが出来ます。

その他、トレース後のロゴデータの納品内容でご不明な点がございましたら下記までお気軽にお問合せください。

【ロゴトレースの納品内容に関するお問合せ先】
運営:チアーズデザイン
フリーダイヤル:0120-987-658
TEL:048-290-8437
FAX:048-420-8580
E-mail:info@cheers-design.biz
営業時間:平日10:00~18:00(土日祝休み)