ロゴマークのデータ化専門店ロゴトレでは名刺やチラシ、看板等で使用されている既存ロゴマークのスキャンデータ・写真データからトレースを行ない、ai、eps、png、psd、jpg、gif等のデジタルデータを作成しています。

Q.ai、psd、eps、jpg、pngのロゴデータの使い方を教えて下さい。

A.ai、psd、eps、jpg、pngのロゴデータの使い方についてお問合せいただき有難うございます。

jpg・pngのロゴデータの使い方

jpgとpngは、Microsoft(マイクロソフト)の「Word (ワード)」や「Excel(エクセル)」等の書類にロゴを使いたい場合や、ウェブサイトにロゴを使いたい場合などに適しています。jpgは背景に白色がついており、pngは背景透過画像(背景が透明)となっておりますので、ご使用の目的や用途に応じて使い分けをなさってください。

また、納品時は少し大きめなサイズで納品しておりますので、ワードやエクセルにロゴを(画像や図の挿入で)配置していただいたあと、使いたいサイズに拡大・縮小してご使用ください。

なお、Shiftキーを押しながら画像の四隅のどこか1点をドラッグすると、縦横比を保ったままサイズ変更(拡大・縮小)ができます。Shiftキーを押しながらサイズ変更しないと、ロゴが潰れてしまうことがあります。使う箇所によってロゴの比率が違うと見た目が揃わなくなり、綺麗でなくなりますのでShiftキーを押しながらのサイズ変更をお薦めします。

ai、psd、epsのロゴデータの使い方

ai、psd、epsのロゴデータは、主に制作会社や業者への受渡し用としてご使用ください。ai、psd、epsのロゴデータはAdobe(アドビ)のIllustrator(イラストレーター)やPhotoshop(フォトショップ)がインストールされたパソコンでないと編集・加工は出来ません。

ロゴデータの業者への受け渡しでは、ai形式のファイルで渡すのが一般的です。aiは拡大・縮小しても荒れることのないデータのため、名刺などの小さいものから看板などの大きなものまで制作が可能です。(そのような制作物を作っている制作会社や業者さんは基本的にイラストレーターをお持ちですので、aiデータを持っていればほとんど対応していただけます。)稀に、psdやeps形式のファイルを送ってくださいという業者さんもいらっしゃいますので、その際は指定されたファイル形式のデータをお送りください。

当店の納品データのファイル名はそれぞれ対応しております。イラストレーターやフォトショップがないからどんなデータか確認できないということはございませんのでご安心ください。例えば納品データの中のある1つのpsdデータを業者へ送る前に確認したい場合は、同じファイル名のjpgを開くと確認していただけます。aiはAdobeのアクロバットリーダーでもご確認いただけます。

もちろん、お客様ご自身でイラストレーターやフォトショップをお持ちの場合は、ファイルを開いて色を変えるなどの編集・加工を行っていただいて結構でございます。(イラストレーターやフォトショップの操作方法のご案内は行っておりませんのでご了承ください。)ご自身で編集等される場合は、必ず元のロゴデータのコピーをお取りのうえ行ってください。

上記以外にご不明な点がございましたら、下記のフリーダイヤル又はお問合せフォームよりお気軽にお問合せください。

【ロゴのデータ化・トレースに関するお問合せ先】
ロゴトレ運営:チアーズデザイン
フリーダイヤル:0120-987-658
お問合せフォームURLはこちらをクリック
営業時間:平日10:00~18:00(土日祝休み)