ロゴマークのデータ化専門店ロゴトレでは名刺やチラシ、看板等で使用されている既存ロゴマークのスキャンデータ・写真データからトレースを行ない、ai、eps、png、psd、jpg、gif等のデジタルデータを作成しています。

Q.ロゴが印字(印刷)された生地(布地)があるのですが、清刷りがありません。そのままの形で型を作成したいので清刷りを作れますか?

ロゴが印字(印刷)された生地(布地)からの清刷り作成

ロゴマークやロゴタイプが印字された生地、布をお持ちなら清刷りの作成は可能です。ご依頼の場合は、ロゴが印字された生地(布地)のスキャンか、写真データのいずれかをお送りください。※スキャンが可能な方はスキャンをお取りください。

清刷りを作成するためには、まずロゴのトレースが必要となります。ロゴのトレースはアドビのIllustrator(イラストレーター)というデザインソフトで行います。お客様からお送りいただくスキャンや写真のデータを下に引いて、その上からトレースを行うため、その元となるトレース素材は大変重要となります。下記の説明をお読みのうえデータをご用意ください。

スキャンしたロゴ画像を用意する

【お使いいただく機器】スキャナ
※会社やご自宅にスキャナがない場合、大手コンビニエンスストアでスキャンできます。USBとロゴが印字されたものをお持ちのうえコンビニでスキャンしてください。コンビニでのスキャンについては、よくある質問「手書きロゴをスキャンしたいのですが、コンビニでスキャンできますか?」もご参照ください。
【保存ファイル形式】JPGまたはPDF
【推奨解像度】300dpi~400dpi

【スキャンの注意点】
ロゴ部分にシワやヨレがあるとロゴの図案・形状が正しくつかめません。そのため、真っすぐに生地(布地)を伸ばしてスキャナのフタを閉め、スキャンしていただければ生地(布地)が寄りにくくなります。生地(布地)が寄っているとロゴマークやロゴタイプの正確な図案を把握できないため正しいトレースが出来ない場合がございます。

写真撮影したロゴ画像を用意する

【お使いいただく機器】デジタルカメラ(デジカメ)・スマートフォン(スマホ)のカメラ等
【保存ファイル形式】JPG
【推奨解像度】高解像度(高品質)モード

【写真の注意点】
生地(布)に折り目やシワがあると正確なトレースが出来ないことがございます。また、ロゴに対して真正面・真上から撮影していただき、斜め撮り(斜めからの写真)にならないようご注意ください。また、出来るだけ高解像度の設定で写真撮影していただけますようお願い致します。ブレたり、ピンボケしている写真からのトレースは出来かねます。

ロゴ画像の用意につきましては、ご利用ガイドのデータ化される素材の作り方にも掲載しておりますのでご参照ください。

基本的に現物送付は不要

基本的に上記の方法でスキャンか写真をおとりいただければ、現物の送付はご不要です。 トレース後は、AI(イラストレーター)をはじめ、JPG、PNG、PSD、EPSのファイル形式でロゴマークを納品させていただきます。もちろん清刷り(紙に印刷したもの)もお送りします。 データはメール納品(オンラインストレージからのダウンロード)、CD-R納品(郵送)にてお送りします。CD-Rは紛失されないよう大事に保管なさってください。万が一、CD-Rを紛失された場合は1枚1,100円(税込)にて再送させていただきます。